砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~

11/19のレース予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

安定感抜群のオールマンリバーはもちろん軽視できず。 ダートは計19戦全て掲示板内。 コース問わず活躍できる馬。 戸崎騎手とのコンビでも1戦1勝なら不安ない。

本来はこのクラスにいる馬ではないストロングバローズだが、馬体が絞れずに近2走は着順ほど内容がない。 あっさりあっても良いんだけど。

イーグルフェザーとかヒデノインペリアルとかハルクンノテソーロとか一発ある差し馬も怖いが、 1年振りの前走が距離不足で叩き台と感じられたクライスマイル。 前にも行けるので、鞍上替わって積極策の予感。

◎レッドオルバース ○オールマンリバー ▲クライスマイル

【京都12R西陣ステークス】

面白いのはジープルメリア、プレシャスエースと逃げタイプの2あたまが内枠で隣同士というところ。 ジープルメリアは逃げなくても外の番手なら問題なく、プレシャスエースは何がなんでもハナ。 この並びが逆であればスンナリと隊列が決まりそうだけど、今回は特に幸騎手は難しい。 プレシャスエースのハナを叩こうと押して出していくか? 内から外の番手を狙って行くか? 予測としては後者な気がするか、外枠にも前行きたい馬が多く…

で、結論はプレシャスエースの逃げ残り。 1600万では4月の阪神で惨敗したが、あれは無謀な逃げ馬がおり番手競馬を余儀なくされたから。 これまで中山での好成績が目立つが、7月の函館が強い内容で、あれは1000Mということもあるが平坦の方が向いてるということとも捉えられる。 少なくとも1000万レベルでは、逃げながらも4角で番手以下を離す更なるギアのある馬。

前が速くなり、まとめて交わすとなればオウケンビリーヴ。 既に1600万2着の実績馬。 初ダートだった1000万戦での切れ味を見てから何度も本命にしている馬だが、ここ数戦は不満の残る内容。 勝った前走も道中でロスあった2着馬に交わされそうになる薄水の勝利だっただけに…

ジープルメリアが上手く外の番手を取れれば、実績からも有力。 使い込まれるより、ある程度フレッシュな方が走る馬。

◎プレシャスエース ○オウケンビリーヴ ▲ジープルメリア

東京8R ◎スマートダンディー

レレマーマが休み明けとは言え前走が負けすぎ。 こちらは500万の2戦共に強い内容。 前々走は勝ち馬の大駆けにやられたが3着以下には2馬身差。 前走が2着に2馬身半差勝ち。 過去7戦全て1400Mのローテで使うごとに時計も更新。 まだ上を目指せる。

京都8R ◎リアルプロジェクト

元々は1400M中心に使われて既に1000万を勝っている格上の存在。 ただ近走は1400Mでスピード不足を露呈して、1800Mに矛先向けると連続2着と好走。 先行力を武器として再び上昇傾向。 ここも前が劇化するとも思えず。



2ページ中2ページ目を表示中

記事カテゴリ:
JRA
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

マイルCSの予想~シュタルケが混戦に断~【サンチェス・ピスファン】

マイルチャンピオンシップ~ディープの庭で~【いとう(バオー)の競馬大好き!】

マイルCS全頭解説【サンチェス・ピスファン】

ブロガープロフィール

profile-icondirttime

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3304398

(01月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  2. 2016チャンピオンズCを枠順発表前に展望してみる
  3. 2016フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  4. 2016大井 東京大賞典の予想
  5. 2017大井 帝王賞の予想
  6. 2017ジャパンダートダービーの予想
  7. 2016JBCデーの予想
  8. 2015大井 東京大賞典の予想
  9. 6/24・25日のレース予想
  10. 2016大井 帝王賞の予想

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2015
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss