砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~

9/30・10/1のレース予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

9/30

【阪神11Rシリウスステークス】

一見して、差し馬が多いメンバー構成。 昨年逃げ切ったマスクゾロは長期休養明けて、叩き2戦目。 今年もおそらく逃げるのだろう。 しかし、昨年は56キロ、今年は57.5キロ。 昨年以上のパフォーマンスを出さないとならない斤量。 これだけの休みで更なる成長が見込めるのか…

マスクゾロに続くのはモルトベーネか。 この馬も休み明けだし、こちらもアンタレスSより斤量が1.5キロ増える。 成績通りに徐々に力をつけてきた5歳馬。 鞍上継続騎乗で手強いだろうけど、なんか強いイメージがない馬。 アンタレスSなんて恵まれた訳でもないのに… なので、ここも本命にすることは考えられず。

ドラゴンバローズは以前は先行して勝ち切れないレースも続いたが、ここ2戦は差して好結果。 ここも差しに控えるか? でもメンバー的にはポンと出れば前に付けるのではないだろうか? 何より54キロで走れるのは有利。 マークして行くであろう2頭より3.5キロも軽いのだから。 和田騎手とのコンビでは5戦全てで馬券に絡んでいる安定感。 今後のGⅠ戦線でというよりは、使ってきた強み含めて重賞獲るならココ。

マインシャッツは想定より1キロ重く、昨年54キロで4着のミツバは57.5キロになって食指動かず。

ピオネロは最近の位置取りの悪さは気になるが、昨年2着したレースで、その時以来の福永騎手。 当時のように前に付けるのが理想。

◎ドラゴンバローズ ○モルトベーネ ▲ピオネロ

阪神9Rヤマボウシ賞 ◎サージュミノル

世代初のダート特別戦。 唯一ダートを使った札幌1700Mはクビ差ながらレコード勝ち。 2着馬に番手からプレッシャーを掛けられる中、直線での叩き合いでも抜かせなかった。 その2着馬は次走で8馬身差勝ち。 少なくとも北海道のダート戦を使われた2歳馬の中での一番星。

10/1

【中山12R内房ステークス】

9/16阪神のオークランドRCT予想の際に記した。 「マイネルバサラは叩き良化型。狙いはスプリンターズS当日の中山」。 それが今回のレース。 やっぱり出走してきた。 そのオークランドRCT。 3~4角の反応が悪く惨敗もあり得そうな走りだったけれど、能力だけで6着まで押し上げた内容は評価して良いところ。 中山1800Mは6戦4連対と最も得意にしているコース。 松岡騎手、こんな位置にいるべきジョッキーじゃないはず。 今週は柴田大騎手の騎乗停止により、マイネルやコスモの馬に多く乗る。 降級馬だし、存在感見せてほしい。

中山が得意なのはエネスクも同じ。 昨年の終わりから6戦連続で中山1800Mを使い4連対。 最終的には1600万を勝ち上がった。 マイネルバサラと似たようなものだけど、前走の内容が悪すぎたので本命に出来ず。

大穴一発でアースコネクター。 逃げるのはほぼ確実だけど、成績と休み明けでマークが緩むのは必至。 54キロなら怖さがある。

◎マイネルバサラ ○エネスク ▲アースコネクター

中山9R ◎アシャカダイキ

距離が未知だった青竜Sでも最後まで止まることなく、勝ち馬から3馬身ちょっと。 前走は大事に構えすぎなレースだったし、それでも前残りの展開を差して4着は悪くない。 中山1200Mは2戦2勝。 不良馬場ではあったが、1分10秒5という時計を持っている。

中山11RスプリンターズS ◎モンドキャンノ

全くわからない組合せ。 どれが勝っても、そしてどれが殿に負けようと、有り得る結果として納得してしまいそう。 安田厩舎×池添騎手。 GⅠ、しかも短距離を勝てそうなコンビ。 キンシャサノキセキ×サクラバクシンオー。 やっぱりスプリントGⅠを勝てそうな配合。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
JRA
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

いただきシリウスS【けいばフレンズ】

二つ名を覚えられたら一流です【Armar know Jack Bigwild】

【新馬戦予想】9/30(土)の新馬戦 シリウスS他もおまけで。【人生は競馬と共に】

ブロガープロフィール

profile-icondirttime

  • 昨日のページビュー:2984
  • 累計のページビュー:3254063

(12月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  2. 2016チャンピオンズCを枠順発表前に展望してみる
  3. 2016フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  4. 2016大井 東京大賞典の予想
  5. 2017大井 帝王賞の予想
  6. 2017ジャパンダートダービーの予想
  7. 2016JBCデーの予想
  8. 2015大井 東京大賞典の予想
  9. 6/24・25日のレース予想
  10. 2016大井 帝王賞の予想

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2015
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss