砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~

6/17・18日のレース予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。 クラスが再編成されて2週間。 ダートの1000万以上のレースを見る限り、降級馬が強いなと。 まあ、ただどれも明らかに能力が抜けていたばかり…ではありますが。 降級馬に重きを置きつつ、それ以外の馬から面白そうなのを探す。 この時期はそんな感じでしょうか。

尚、ユニコーンSは明日、別途でアップします!

6/17

【阪神11R天保山ステークス】

コウエイエンブレムは強くなった。 前走なんてスタート悪く、いつもの先行策が取れない中でも、しっかりと差してきて2着は確保。 勝ち馬は54キロ、こちらは57.5キロ。 これでオープンは4戦4連対。 何より使い続けてもパフォーマンスが全く落ちない体質の強さも評価したい。 今回はライバルになるであろうスマートアヴァロンやキングスガードが58キロに対して、こちらは56キロ。 同斤なら別の馬を狙うことも考えられるが、さすがに今回は順当に勝つはず。 前走のスタートの悪さもおそらく一過性。 このメンバーと枠順ならスンナリと前に行ける。

展開考えれば、前は楽になりそうな組み合わせ。 サウススターマンにとっては、コウエイエンブレムを意識しながら付いて行けば良い。 オープン初戦は4着に終わったもののスマートアヴァロンから0秒3差。 引き続きの2キロ差なら展開次第で逆転はある。

1月の羅生門Sではコウエイエンブレム、サウススターマンを負かしたキタサンサジン。 前走が負け過ぎなので調子落ちの懸念はあるものの、この相手に格で見劣る馬でもない。

今回は前残りとみて、敢えてスマートアヴァロンとキングスガードは評価を下げたが、さて。

◎コウエイエンブレム  ○サウススターマン ▲キタサンサジン

6/18

【阪神10R灘ステークス】

まずはストロングバローズをどう評価するか。 9カ月振りの前走は直線手前で激しく手が動いて殿負け。 馬体も絞りきれずに出走した印象。 昨年のユニコーンSではゴールドドリームとタイム差なしの接戦を演じた実力馬にしては寂しい結果。 相手も下がって叩き2戦目。 当然、巻き返しを期待するものの、初の関西遠征でもあり、もう一回見てみたいが本音。

もう一頭の降級馬ナムラアラシは脚質的に展開次第の面あり。 4勝中3勝を阪神で挙げていたり、前走東京で好走したり、 坂で先行馬が伸びあぐねる中を凄い脚で追い込んでくる馬。 コース相性は確かなんだけど、今までがそうだったように人気がない時の方が、買う側も走らせる側も楽しみが膨らむ。

見直したいのはロイヤルパンプ 昇級初戦の前走は1000M60秒1の速い流れに巻き込まれ、それを4角先頭で回るという強気な競馬。 あれはさすがに息切れしてしまう。 ただ前に行った残りの2頭はブービーと殿負け。 勝ち馬は強かったと言え、2着から1秒差の8着は展開考えれば良く頑張ったのではないか。 2月のレースでタイム差なしだったオウケンワールドや1月のレースで負かしているコパノチャーリーなんかは既に1600万も勝ち上がり。 乗り慣れた鞍上に戻れば巻き返せるかも。

シャイニービームは決め手に欠け、ゴール前にもう一脚使えないのが弱み。 それでも上位に顔を出す可能性は十分。

◎ロイヤルパンプ ○ナムラアラシ ▲シャイニービーム

【その他のレース】

東京9R青梅特別 ◎ブライトンロック

ユニコーンSではなく、こちらに回ったアディラート。 しかし3歳春の海外遠征は酷。 しかも、ここはもしかしたらユニコーンS以上のメンバー? ブライトンロックの前走はイーグルフェザーやクイーンズサターンが出走した薫風Sと同日。 ラップや時計見る限り、降級してくる2頭と大差ない内容。 外を気持ちよく走らせた方が良い脚を引き出せるので枠は痛恨なのには目を瞑る。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
JRA
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【予想】新馬戦の単勝予想 函館とダート戦も開始です!【人生は競馬と共に】

【グラスワンダー素人予想】天保山S【徒然競馬日記 筆者:グラスワンダー】

新馬戦で人気のサウスヴィグラスを蹴ってみる!新馬戦予想ブログ[2017/6/17]【『新馬戦を買わないなんてもったいない!』&『単勝万馬券研究所』】

ブロガープロフィール

profile-icondirttime

  • 昨日のページビュー:113
  • 累計のページビュー:3047621

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  2. 2016チャンピオンズCを枠順発表前に展望してみる
  3. 2016フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  4. 2016大井 東京大賞典の予想
  5. 2017大井 帝王賞の予想
  6. 2017ジャパンダートダービーの予想
  7. 2016JBCデーの予想
  8. 2015大井 東京大賞典の予想
  9. 6/24・25日のレース予想
  10. 2016大井 帝王賞の予想

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2015
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss