砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~

大井 羽田盃の予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

【大井11R羽田盃】

中央からやってきたキャプテンキングが移籍初戦を迎える。 この馬のイメージとしては2010年のダービー馬マカニビスティー。 あの馬は中央で500万を勝って、ヒヤシンスS5着の後で南関転入。 転入3戦目の東京ダービーを単勝1倍台の人気に応えて勝利した。

そして今年のキャプテンキングも中央500万を勝ってヒヤシンスS5着からの移籍。 更にどちらも差し馬だし、中央時代は短いところに良績がある所も同じ。 更に更に母父は共にブライアンズタイム。

しかし父は全く異なり マカニビスティーは万能ゼンノロブロイ産 キャプテンキングは短距離型ファスリエフ産。 ファスリエフはとにかく距離が長くなるにつれ成績が悪化する典型的な種牡馬。

やはりここは気になるところ。 能力差はあったとしても、1800Mで最後の1Fで伸びを欠くことも考えられる。

そうなるとヒガシウィルウィン。 この馬だってサウスヴィグラス産だけど、横綱相撲で快勝した京浜盃からの100Mの延長は何とかなる。 当時の2~4着馬が不在。 5着馬には1秒以上差をつけており、なかなか逆転は困難だろう。 北海道時代から11戦10連対。 唯一連対を外したのも全日本2歳優駿の4着なら立派な成績。

ミサイルマンは半年振りの京浜盃5着。 上がり目が見込めるし、こちらはカネヒキリ産。 ここでヒガシウィルウィンとの差をどれだけ縮めるかで、更なる距離延長となるダービー奪取が視界に入る。

◎ヒガシウィルウィン ○キャプテンキング ▲ミサイルマン



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
南関
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【NHKマイルC2017回顧】勝利したアエロリットの評価とは!?次走注目馬など対談形式で回顧!【倉本匠馬の重賞コラム・予想】

2017 ケンタッキーオークス・英1000ギニー レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

ヴィクトリアマイルで気になる馬【競馬&バスフィッシング】

ブロガープロフィール

profile-icondirttime

  • 昨日のページビュー:18301
  • 累計のページビュー:2844308

(07月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  2. 2016チャンピオンズCを枠順発表前に展望してみる
  3. 2016フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  4. 2016大井 東京大賞典の予想
  5. 2017大井 帝王賞の予想
  6. 2017ジャパンダートダービーの予想
  7. 2016JBCデーの予想
  8. 2015大井 東京大賞典の予想
  9. 6/24・25日のレース予想
  10. 2016大井 帝王賞の予想

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2015
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss