砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~

5/7のレース予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京10Rブリリアントステークス】

ミツバのアンタレスSはどうしたのだろう。 確かに出遅れはあった。 それにしても道中で鞍上が押して行っても動こうとせず。 ようやく走ったのは直線だけ。 最速2位タイの上がりを使ったとは言え、時既に遅し。 全く、馬にやる気がなかった。 これまで、そんな気分屋でもなかったはずなのに。 さて、今回はどうか。 東京2100Mは2分8秒9という速い時計で突如の逃げ切ったコース。 さすがにトップハンデを背負って、あんな戦法はないと思うけど。 気性に関しては走ってみないと分からないけど、コース相性や単純な能力比較を考えれば、トップハンデでもやはりこの馬から。

展開的には先行勢が多い組み合わせ。 それでも逃げ馬がいないのが何ともだけど、狙いたいのは後ろにいる馬に。 ピットボスはオープンの壁にぶつかってる現状だけど、元々は昨年の3歳重賞を2戦連続4着の実力馬。 乗り替わりと距離延長がプラスに出れば。 ナムラアラシは前走こそ惨敗したものの、展開嵌まれば強烈な差し脚持ってるのは確か。

ラニは… 走っても驚かないし、走らなくても驚かない。

◎ミツバ ○ピットボス ▲ナムラアラシ

【京都10R上加茂ステークス】

休養前はクラス2着もあり、オープン間近だったテイエムグンカン。 京都でしか走らなかった馬が中京で勝利。 3~4角でペースアップして、後ろの脚を鈍らせる以前と変わらないレースで再び1600万に上がってきた。 「次、京都なら狙おう」 と思ってたが、ちょっと先行が多いし強力。 ここでどれだけのパフォーマンス見せれるか。

展開考えると差し馬でオールマンリバー。 前走は4ヶ月振りを全く感じさせず、内から抜け出して勝ち馬とクビ差。 これで12戦連続馬券圏内。 前走もそうだけど、トップハンデで勝った浜名湖特別が強いの一言。 どの騎手乗せても走るけど、北村騎手が一番この馬の脚を引き出している感もある。 最内で人気背負ってスペースを見つけられるかどうかが焦点。

ニホンピロヘーゼルの前走は逃げ馬を手応え良く交わし、勝ちパターンに持ち込みながら、直線半ばで失速。 でも、しっかりと自分の型でレース出来た点は評価。

◎オールマンリバー ○テイエムグンカン ▲ニホンピロヘーゼル

【その他のレース】

東京11RNHKマイルカップ ◎アウトライアーズ

全く分からない… ただ、百日草特別やひいらぎ賞を見ていて、「この馬強いな」と感じていた馬。 皐月賞も本命にしていたくらい。 なんか尻すぼみの成績だけど、他に買いたい馬もいないので。 あまりじっくり見ないからか 個人的に芝は年々難しくなってきた…

東京5R ◎オーサムバローズ

1400Mに替わった前走で人気先行にピリオド。 馬群を割って伸びてきた姿は今までにない力強さがあった。 2~3着馬もなかなかの馬で、やはり距離短縮が良かったのだろう。 鞍上に合わせて、この馬も東上。 再び、ワンターンの競馬となるし、一皮剥けたなら昇級でも。

東京12R ◎セネッティ

ここ2戦は休み明けで距離も長かったり、スタート後に躓いたり… 本来の能力を出していない。 500万勝ち上がった際がラインシュナイダー、ツーエムマイスターといった実力馬に完勝しており、距離短縮と先行勢手薄のメンバーで狙いたい。

京都5R ◎ミキノトランペット

前走は休み明けの昇級戦。 スタートが良くない馬だけに信用していなかったが、これまでで一番くらいにスタートもまともになっていと、3番手から3着粘り込み。 1分51秒台で走った時計も優秀。 叩いた上積みと前々で競馬ができる優位性を重視する。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
JRA
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

おじさんのNHKマイル予想【競馬をこよなく愛するおじさんのブログ 】

2017年第39回新潟大賞典、GⅠ裏開催の新潟でも@obarachan2エロ足ンネbotディープ産駒は再び沈むのか?【北海道コンサドーレ札幌サポーターのアスペ四天王チボーよっちゃん@ThibaultCONSAコンビニバイトフリーターはScheiße】

NHKマイルCの予想~2人目の松山弘平~【サンチェス・ピスファン】

ブロガープロフィール

profile-icondirttime

  • 昨日のページビュー:12555
  • 累計のページビュー:3074192

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  2. 2016チャンピオンズCを枠順発表前に展望してみる
  3. 2016フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  4. 2016大井 東京大賞典の予想
  5. 2017大井 帝王賞の予想
  6. 2017ジャパンダートダービーの予想
  7. 2016JBCデーの予想
  8. 2015大井 東京大賞典の予想
  9. 6/24・25日のレース予想
  10. 2016大井 帝王賞の予想

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2015
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss