砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~

1/29のレース予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます! さあ、今日は根岸S。 予想の前に戯言も簡単に記してみました。 なんかフェブラリーSって…思うんですよね。

【東京11R根岸ステークス】

最近思うこと。 フェブラリーSの1600Mってどうなんだろう。 1600Mがあるのは東京のみ。 ダートの主流は1200M、1400M、1800Mなので、1600M適性=東京適性とも受け取れる。 近年はチャンピオンズCや東京大賞展を好走した馬がドバイを目指す傾向にもあり、1600Mに目が向かなくなっている。 だったら1400Mにしてしまえば… それなら1200M主体の馬にもチャンスは拡がるし、1800MのチャンピオンズCとは全く異なる顔触れにもなる。

カフジテイクが見せた、ここ2戦の追い込みは鮮やか。 ただ、あれは人気薄だからこその腹を括った騎乗だったように思う。 結果を出した津村騎手も見事だったけれど。 今回は人気を背負って、何故だか乗り替わり。 ちょっと、馬券圏内に来るイメージが浮かばなかった。

もう一頭、人気馬ながら信頼しづらいのがベストマッチョ。 確かに、底を見せていないという魅力はあるけれど、まだ一戦級とは戦っておらず。 これが3歳重賞の実績があったり、既にオープンで通用してたりすれば違うのだけど。

そんな中、今回のレースの本命はキングスガード。 昨年はオープン初戦をまず55キロで勝つと、10月の東京では58キロで2着。 あのレースは勝ったカフジテイクより2キロ重かった分。 武蔵野Sも1F長かったものの、4着まで押し上げたのは見処十分だった。 勝ち切れないレース続きを払拭した昨年2月以来、一戦ごとに成長を感じている馬。 プロキオンS3着の時より今回の方が更にパパフォーマンスを上げていると考えたい。

ニシケンモノノフはすっかり1400Mの安定勢力となった。 この馬の凄さはどのコースでも自分の走りをするところ。 東京は久々だけど一昨年の武蔵野S4着。 何も問題ないだろう。

ベストウォーリアは昨年未勝利だし、緩やかな下降線なのかもしれない。 58キロも厳しく映るものの、何だかんだ上位に顔を出すのはさすが。 ここも相手なりのレースが可能。

◎キングスガード ○ニシケンモノノフ ▲ベストウォーリア

【その他のレース】

東京8R ◎ペイシャゴンジセ

途中からハナ奪って大逃げの形から粘り切った夏の札幌2400M。 またまた途中から逃げて4着まで残した10月の2100M。 そういう思い切った作戦が合う個性派。 後方待機のままだった前走が不可解だが、逆に迷いなく乗れるのでは? ここはそういうレースを期待。

東京9Rセントポーリア賞 ◎コロナシオン

面白そうなメンバー。 前走は1秒以上の惨敗で評価急落。 あのレースは勝ち馬が大逃げしたレースで求められたのは瞬発力でなく持久力。 新馬戦で負かしたサトノシャークも決して弱い馬ではないので、瞬発力勝負になりそうな東京1800Mで巻き返し。

京都9R大津特別 ◎オースミラナキラ

前走は稍重馬場で展開も縦長。 早めに前に取りついた2頭が連対する中、絶望的な位置から抜けた最速上がりで追い掛けてきた脚は見処十分。 休養前から馬体を30キロくらい増やしてパワーアップ。 これはこのクラスにいる馬ではなさそう。

京都12R ◎スパイラルステップ

前走も本命にしたが直線途中から脚色が急に悪くなり、まさかの二桁着順。 それまでの内容から、あんなに負ける馬ではないはず。 重馬場?坂? 敗因としてはそれくらい。 今回は良馬場の平坦なので巻き返し期待。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
JRA
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ストーリーから読み解く2017年シルクロードステークス(GⅢ)【スポーツとしての競馬】

ストーリーから読み解く2017年根岸ステークス(GⅢ)【スポーツとしての競馬】

根岸S、シルクロードSの予想【中穴馬券研究所】

ブロガープロフィール

profile-icondirttime

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3194653

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  2. 2016チャンピオンズCを枠順発表前に展望してみる
  3. 2016フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  4. 2016大井 東京大賞典の予想
  5. 2017大井 帝王賞の予想
  6. 2017ジャパンダートダービーの予想
  7. 2016JBCデーの予想
  8. 2015大井 東京大賞典の予想
  9. 6/24・25日のレース予想
  10. 2016大井 帝王賞の予想

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2015
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss