球マニアのBLOG

月別アーカイブ :2015年07月

INAC神戸レオネッサvsASエルフェン埼玉  なでしこリーグ第13節

INAC神戸 2-1 AS埼玉 首位と最下位が対戦した試合でしたがスコア通りそこに差はなかったですね。 開始1分のラッキーゴールで先制した時には久々に大量得点で快勝する神戸を期待したんですが尻つぼみ感は半端なかったです。。。AS埼玉の切替が素晴らしくまた粘り強く守備をしていた点は認めますが、それでも神戸の情けなさの方が目立ってしまいますね。 攻撃が滞ってる・・・とまではいきませんが、いまいちゴ......続きを読む»

伊賀FCくノ一vsINAC神戸レオネッサ  なでしこリーグ第12節

伊賀FC 0-2 INAC神戸 伊賀の勝利を期待して行った試合でしたが、ここ数年観た中ではもっとも可能性の低い内容でしたね。 伊賀は中断明けから3バックを採用しているようで、この試合でもそのスタートシステムは変わらずでした。ただ、その3バックがちょっと変わっていて、3-1-4-2、もしくは3-3(1ボランチ+両WB)-2-2のような感じで、両サイドに配置された杉田と鈴木という、伊賀のメンバー内で......続きを読む»

INAC神戸レオネッサvsスペランツァ大阪高槻  なでしこリーグ2015第11節

INAC神戸 3-1 大阪高槻 首位と最下位の対決となった試合は、前回同様5バックで守る大阪に対し神戸が複数得点を挙げて勝利となりました。 大阪の5バックは決してドン引きではないし、丸山&成宮と前回対決時にはいなかった巴月の3人で攻めるカウンターはそれなりに機能していたと思います。しかし、神戸の攻撃はそれを上回る多彩さと質の高さでしたね。 大野や川澄、鮫島などはW杯明けでかなり疲労が溜まった状......続きを読む»

岡山湯郷ベルvsINAC神戸レオネッサ  なでしこリーグ2015第10節

湯郷 2-2 神戸 これぞ″なでしこリーグ”!! W杯後の再開初戦、なでしこジャパンメンバーが多数いるチーム同士の対決は、詰めかけた観客の満足度が非常に高い試合になったと思います。 リードされたホームチームが2点差を追いついたという展開もさることながら、万全のコンディションではない中懸命にプレイした代表組だけでなく、次世代の増矢や高橋などが素晴らしいプレイをしたことがとても良かったと思いますね......続きを読む»

東アジア杯への23/50を選んでみる

W杯が終わったばかりのなでしこですがもう次の大会へ。今週、東アジア杯へ向けた予備登録50名が発表されました。 ここでは、その50名から本大会を戦って欲しい23名を選んでみたいと思います。大事なのは選出理由が全て管理人の趣味ということ(笑)W杯前に行ったメンバー選考では佐々木監督の選ぶであろう23名ということで書きましたが、ここではそれは一切なし。できることなら50名を選ぶとこからやりたかったぐらい......続きを読む»

安易なお披露目起用は、それこそ「文化」に繋がらない

タイトルはW杯準優勝を成し遂げ、七夕に帰国したなでしこJAPANメンバーのことです。 1か月の激闘を終え帰国した代表メンバーですが、リーグ戦の再開はさっそく今週末から。INAC神戸に所属する川澄のブログによれば、チーム練習合流は金曜からとのことでした。おそらく、他クラブに所属するメンバーも大して変わらないスケジュールなんでしょう。 試合は全て日曜ですが、川澄の他にも代表組を多数抱える神戸を始め、......続きを読む»

佐々木監督のW杯決勝を採点する

いつもならマッチレポで選手と同時に採点するんですけどね。今回は長いので(苦笑)ちょっと別にしました。 佐々木監督   4.5 4試合連続して同じスタメンとなるメンバーで決勝に臨んだが、一番近くで選手を観ていたであろう監督がその11人のコンディションに「問題なし!」としたのなら、それは観戦者として納得するしかない。「勝ってるときは代えない」はサッカーの格言であり、それを無視するリスクもそれなりにあ......続きを読む»

なでしこJAPANvsアメリカ  女子W杯カナダ決勝

なでしこ 2-5 アメリカ なでしこ完敗・・・。 4試合連続で同じスタメンを組んできたなでしこに対し、アメリカはそのサッカーを研究し尽くしてしたように思います。更に「セットプレイ時の低くて速いクロス&ロイドの不安定なポジショニング」という秘策まで用意してました。ハッキリ言って脱帽です。素直にアメリカを讃えたいと思いますね。 ただ、展開としては決して想定外ではなかったはずです。立ち上がりから押し......続きを読む»

ドイツvsイングランド  女子W杯カナダ3位決定戦

ドイツ 0-1 イングランド メダルが掛かってるとはいえ、敗者同志が対戦する3位決定戦っていうのは難しいものです。時に打ち合いの大味な試合になったり、時に高いモチベーションの見えない試合になったり・・・。 この試合でも両チームが準決勝のスタメンからは約半分ほどメンバーを代えてきたんですが、単純に主力の疲労やサブ組のモチベーション、今後を見据えて若手に経験を積ませたかったであろうドイツに対し、イン......続きを読む»

なでしこJAPANvsイングランド  女子W杯カナダ2015 準決勝

なでしこ 2-1 イングランド なでしこ見事に決勝進出~!!! 最後はロスタイムのOG・・・。苦しみました。。。ハッキリ言ってこの試合はイングランドのゲーム。なでしこにとっては負け試合だったと思います。それでも最後は勝利を手繰り寄せた。粘り強く守った守備はもちろんですが、やはり最後まで諦めない!これがなでしこらしさなんでしょうね♪ 戦術的に試合を観るとイングランドは狙い通りのサッカーをしました......続きを読む»

アメリカvsドイツ  女子W杯カナダ2015 準決勝

アメリカ 2-0 ドイツ 管理人的には予想外の結果です。文字通り番狂わせが起きた印象で、その度合いはオーストラリアがブラジルを破ったというニュースよりインパクトがありますね。ビックリです。。。 とにかく、アメリカのドイツ対策がハマりました。2トップを辞め本来ボランチのロイドをトップ下に、右サイドにはプレスではなくヒースを配置し4-2-3-1の布陣で中盤を厚く守備重視で試合に入ります。ドイツの立ち......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:4441
  • 累計のページビュー:2295500

(11月16日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss