球マニアのBLOG

月別アーカイブ :2014年10月

なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合2戦目

なでしこ 3-2 カナダ 結果は出ました。しかも2連勝!この試合では2度追いつかれましたが、良い意味で収穫も課題もありそれ程内容が悪かったとも思いません。 しかし、ここまでスタメンを代えてしまうと、その結果や内容がW杯連覇を目指す“なでしこJAPAN”に直結するのか?と考えればやはりちょっと疑問ですよね。。。例えば、この試合でも上尾野辺は左SBでプレイしましたが、そのポジションはすでに鮫島、宇津......続きを読む»

名古屋オーシャンズvsペスカドーラ町田  Fリーグ第17節

名古屋 5-2 町田 今季3試合目となった生観戦は名古屋にとって苦しい試合になるはずでした。この試合前までの名古屋は白方、マティアス、渡邉が怪我で離脱、浦上を湘南へ放出しサテライトからは新たに北川を登録、急遽代表からは吉川招集の免除を取り付けて臨むなど、チームは緊急事態を擁していたと思います。 しかし、蓋を開けてみれば白方&マティアスはピッチにこそ立たなかったもののベンチ入りし、ここまで十分な出......続きを読む»

なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合

なでしこ 3-0 カナダ 澤はいないものの、久々に海外組を含むベストメンバーで試合をする機会でしたが、出だしはブランクを感じさせない良いスタートでした。3ラインをコンパクトに保ち攻守の切替も早く、前線で奪ったボールを確実にチャンスにできていたと思います。パス回しに関してもほとんどが1タッチ2タッチで出来ており、パスの相手を探して攻撃が滞るような場面は少なかったですね。 ただ、先制後はカナダが前線......続きを読む»

INAC神戸レオネッサvsアルビレックス新潟L  なでしこエキサイティングシリーズ第6節

INAC神戸 0-0 新潟L 一度歯車が狂うと、こうも戻らないモノですかね・・・。 ベブと川澄が揃い、よーやく監督も代え、今季1度も負けておらず国体によってベストメンバーすら組めない新潟L相手にも、結局は勝てませんでした。それどころか、シュート数が示す通り内容自体も新潟に劣っており、迷える女王の出口は見えませんね。誰もが「どうすれば良いか・・・」分かってないでしょう。 ただ、光が見えないわけで......続きを読む»

伊賀FCくノ一vsベガルタ仙台L  なでしこエキサイティングシリーズ第5節

伊賀FC 2-0 仙台L 楽しみにしていました♪生“鮫ちゃん”(笑) 実に2010年初夏のなでしこJAPAN観戦時以来です(苦笑)今回よーやく、なでしこのカナダ遠征に選出され代表復帰を果たしましたが、この試合のプレイぶりを見る限り非常に楽しみです♪なでしこの左SBは様々な選手がテストされ宇津木当たりの目途が立っているものの、カナダで鮫島がしっかりプレイすれば定位置に戻るのも時間の問題でしょう。管......続きを読む»

よーやく、前田監督に見切りをつけたINAC神戸は変われるのか?

昨日、前田監督の「辞任」によって、よーやくINAC神戸は監督交代に踏み切ることになりました。*とりあえずは森コーチが代行を務める。 ハッキリ言って、遅すぎます・・・。 マッチレポでも散々書いたように、今季の神戸には「主力が大量にいなくなった」という“言い訳”がありました。それ自体は前田監督の責任ではないですし、一からのチーム作りにおいてレギュラーシリーズを苦戦することは誰(チームもフロントもサポ......続きを読む»

もう“澤穂希”はなでしこJAPANに必要ないのか!?

結論から書きます。 「カナダW杯までは澤が必要である!」 ご存知の通り、本日発表されたカナダ遠征のメンバーに澤穂希の名前はありませんでした。佐々木監督曰く、「特別扱いしない」とのことなので、それを額面通り受け止めれば最近のリーグ戦でのパフォーマンスが“なでしこレベルではない”という判断なのでしょうが、当然それを100%信じることはできませんね。 若手の台頭がなく底上げに失敗していて、ここ数年は主......続きを読む»

岡山湯郷ベルvsINAC神戸レオネッサ  なでしこエキサイティングシリーズ第5節

湯郷ベル 1-0 INAC神戸 中2日とは思えないぐらい神戸は立て直してきたと思います。前節全く機能しなかった選手配置を変え、高瀬を頂点に戻し、ベブをトップ下に、復帰した田中陽子を左でスタメン起用します。 変わったのは配置だけではなく、選手の気持ち自体もかなり変化したように見えました。球際で戦うようになり、澤や南山には豊富な運動量も戻ってきました。それぞれがスタートポジションに縛られることなく積......続きを読む»

INAC神戸レオネッサvs日テレ・ベレーザ  なでしこエキサイティングシリーズ第4節

INAC神戸 0-2 ベレーザ 神戸が惨敗・・・。 ちょっと前まで“Lクラシコ”と銘打たれていた対戦とは思えませんね。両チームの現在地(順位)そのままの結果、どちらがプロチームか、内情を知らなければ「ベレーザ!」と答える人がほとんどでしょう。後半シュートゼロに抑えられた神戸はちょっと情けなさ過ぎますね。 まぁ、神戸にとっては今季の流れを象徴するような試合だったと思います。ここまでの戦いでシステ......続きを読む»

日本vsジャマイカ  キリンチャレンジカップ

日本 1-0 ジャマイカ 「アギーレJAPAN祝☆初勝利!!」。明日のスポーツ新聞の見出しはこんな感じだろうか? 確かに前回の2連戦に比べれば遥かに内容は良かった。攻撃では多くのチャンスを作ったし、そのほとんどは複数の選手が連動して作ったモノだった。守備でもボールを奪われた際の切替が早く、アンカーの細貝、CBの2人を中心に決定機どころか、チャンス自体をほぼ与えてない。 それでも、結果は1-0。......続きを読む»

日テレ・ベレーザvs岡山湯郷ベル  なでしこエキサイティングシリーズ第3節

ベレーザ 2-0 湯郷 久々に神戸絡みではない試合のTV中継でしたが、現地はプレイする側にも生観戦した側にも気の毒なコンディションとなってしまいましたね。 試合は解説でも言ってましたが、こういったピッチコンディションになったからこそ両チームの技術の差が結果に表れた感じです。足元技術に勝るベレーザは劣悪なピッチでも何本ものパスを繋いで攻撃を組み立てていきますが、湯郷は中々2トップにボールが収まらず......続きを読む»

なでしこJAPANvs北朝鮮  アジア大会決勝

なでしこ 1-3 北朝鮮 完敗でした。。。監督、選手たちも認めている通り、スコア通りか、観方によってはそれ以上の差があったと思います。 とにかく、気持ちの部分で劣っていたのが残念です。韓国男子は兵役免除、北朝鮮女子は生涯年金保障ですか・・・。“ハングリー”という部分に差があったとしても、なでしこの良さはそこじゃなく、「未来の女子サッカー界のため」「現在の女子サッカーの地位を築いてくれた先輩たちの......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:1056
  • 累計のページビュー:2296555

(11月17日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss