球マニアのBLOG

月別アーカイブ :2014年06月

NGU名古屋FCレディースvs藤枝順心高校  東海女子サッカーリーグ第5節

名古屋FC 3-0 藤枝順心 約1年ぶり、3年連続で名古屋FCレディースの戦いを生観戦です。試合にいく前に簡単にチームの現状を。 今季の東海リーグは6チーム参戦で計10節。名古屋FCのここまでの戦績は3勝1敗とまずまずです。来季3部制になる“なでしこリーグ”(チャレンジリーグ)に参入するためには、過去2年乗り越えられなかった入れ替え戦に向け実戦(リーグ戦)の中でチーム力を上げていきたいところです......続きを読む»

ブラジルvsチリ  ブラジルW杯決勝T1回戦

ブラジル 1(3)-1(2) チリ いよいよ決勝T突入。順当に勝ち上がった開催国ブラジルの相手はチリ。かなりの難敵だと思いましたが、それでも90分、120分間での戦いではブラジルが負ける姿が全く想像できませんでした。PK戦になったときには、さすがに「負けたらどうなるのか・・・」という想いでしたが(苦笑) しかし、チリは予想通りブラジルを苦しめました。小柄な3バックながらフレッジにもフッキにもほぼ......続きを読む»

日本vsコロンビア  ブラジルW杯GL最終戦

日本 1-4 コロンビア 終わった瞬間からしばらくの間は、色んな感情が混じってなんとも言えない感覚だった。 だから少し空けてコレを書いている。 結果的には「奇跡が起こらなかった」ではなく「勝利というノルマを達成できなかった」ということ。GL最強の相手に「勝つ」しかなくなってしまった時点で、犯さなければならないリスクは相当なものだったのだから負け試合における点差は関係ない。 つくづく、日本は“......続きを読む»

日本代表へのYELL!

いよいよ、明日早朝にGL最終戦です。 過去2戦について、色々思ったし、呟いたし、書いたし、喋ったし・・・。なんなら、今も言い足りない!なんて(苦笑い)それは、管理人だけでなくメディアを含めたファン、サポ、皆さんも同じでしょう。実は、選手たちもそうかもしれません。 ただ、ここまで来たら“GL突破”という奇跡を信じて応援するのみ!! 大事なのは“単に勝つこと”ではなく“GLを突破すること”。その為......続きを読む»

クロアチアvsメキシコ  ブラジルW杯GL最終戦

クロアチア 1-3 メキシコ 互いにGL突破をかけて臨んだ一戦でしたが、試合前の状況でにより厳しかったのはクロアチアの方。そのクロアチアは、過去2戦で機能したとはいえないトップ下にモドリッチを上げ、文字通り必勝態勢で臨んだはずです。チーム全体も試合開始から積極的にプレスをかけ、早い時間帯で先制点を獲ろうとしたことは明白でした。 ただし、メキシコがそれを許しませんでしたね。 クロアチアのプレスは......続きを読む»

INAC神戸レオネッサvsベガルタ仙台L  なでしこリーグ第10節

INAC神戸 3-1 ベガルタ仙台L なでしこリーグは今節からレギュラーシリーズの2順目に突入。本来の力を出し切れず互いに中位以下に沈む両チームにとって、この2順目の成績は非常に重要です。神戸はわずか2ヶ月の補強をしてまでこの戦いに備えました。前回対決は小野のゴールで仙台Lが勝ってる試合ですが、神戸のリベンジに期待して観戦しました。 神戸はその新戦力=クレア・ポーキンホーン(ポークス)をいきなり......続きを読む»

日本vsギリシャ  ブラジルW杯GL第2戦

日本 0-0 ギリシャ 勝てませんでした。。。 ゴールを奪うことができませんでした。。。 数的優位を生かすこともできませんでした。。。 初戦と違いポゼッション率は高く、一見「自分たちのサッカー」をしていたかのように見えますが、ギリシャに中央を固められた日本の攻撃はその多くがサイドからのクロスに集中。高さがあり、堅守速攻が武器のチームに対してはあまりにも確率の低い攻撃の繰り返しだったし、複数の......続きを読む»

スペインvsチリ  ブラジルW杯GL第2戦

スペイン 0-2 チリ スペイン時代の終焉。。。 第1戦からどれ程切り替えられたのか? 下降線を辿ってるとはいえ、難敵チリに対してこれまでのスペインサッカーが通じるのか? 注目した一戦でしたが、スペインは明らかにショッキングな初戦を引きづってましたし、パスサッカーが封じられた際の引き出しもありませんでした。あまりにも早い脱落は寂しい限りですが、一時代を築いたチームの終わりですね。 ただ、こ......続きを読む»

日本vsコートジボワール  ブラジルW杯GL初戦

日本 1-2 コートジボワール 「自分たちのサッカー」ができなかった。。。 4年前、GL突破という結果を出したにも関わらず、そのサッカーに早々と見切りをつけ、攻撃的なチームを作れる監督を招請し、選手は次々と海外に出て個を磨くことを突き詰め、その間あったいくつもの試合を通じて紆余曲折しながら辿り着いたはずの「自分たちのサッカー」。 それを貫くことこそが、成長の証、勝利への道、と信じたはずなのに。......続きを読む»

スペインvsオランダ  ブラジルW杯GL

スペイン 1-5 オランダ 前回大会の決勝カードがGL初戦で再現されましたが結果は驚きの大差でしたね。 連覇に向けスタートしたデルボスケでしたが大誤算が2つあったと思います。1つは、オランダがそのスタイルを捨てて望んできたこと。もう1つは、ジエゴコスタへの大ブーイングです。スペインが相手によって戦い方を変えることはないので、オランダのスタイル変更だけなら時間と共に対応したと思いますが、立ち上がり......続きを読む»

ブラジルvsクロアチア  ブラジルW杯開幕戦

ブラジル 3-1 クロアチア PKの場面を3度見返しました。 確かにロブレン(クロアチア)の手はフレッジ(ブラジル)に触れています。左手は左肩に、そして右手は右脇腹から肩にかけて動いてました。だから「手を使った」ことに対する反則を取ったんでしょうが、実際にフレッジが倒れたのはロブレンの手が原因ではないように見えます。リアルタイムでも感じましたが、見返した3度とも完全にシュミレーションに見えますね......続きを読む»

INAC神戸レオネッサvs日テレ・ベレーザ  なでしこリーグ第8節

INAC神戸 2-3 ベレーザ 数年前から“Lクラシコ”と銘打たれている注目の一戦ですが、今季の互いの立ち位置は6位(神戸)と7位(ベレーザ)。どちらも「こんなはずでは・・・」と思ってるでしょうし、なんとかライバルに勝つことで浮上のきっかけを掴みたいところだったでしょう。 となれば、当然試合の主導権を握るべきはホームである神戸のはずだったんですが、実際は立ち上がりからペースを握ったのはベレーザで......続きを読む»

日本vsザンビア  親善試合

日本 4-3 ザンビア あえて乱暴な言い方をするとしたら「勝たなくても良かった」と思う。 これで、日本は国内での壮行試合を含めて本番前のテストマッチに3連勝。本調子とは言えないながらも本田、香川の両エースや、期待される柿谷や大久保のFW陣にもゴールが生まれており、失点の多さは反省点ながら悪くない雰囲気でブラジル入りができると思われる。 ただ、これが落とし穴になる危険性がある。 試合後のインタ......続きを読む»

伊賀FCくノ一vsINAC神戸レオネッサ  なでしこリーグ第7節

伊賀FC 0-1 INAC神戸 なでしこリーグ再開の初戦。 昨季4位、オフには十分な補強で今季は更なる期待をされながら調子の上がらない伊賀と、同じく苦戦が続く神戸の現在地を生観戦してきました。 伊賀は杉田をトップ下に置く4-2-3-1でしたが、個人的には乃一のボランチが斬新で注目点でしたね。対する神戸は澤、南山、中島の中盤トリオが久々に復活。ただ、スタートはこれまで通り増矢がトップ下で中島は左F......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:1056
  • 累計のページビュー:2296555

(11月17日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss