球マニアのBLOG

日テレ・ベレーザvsノジマステラ神奈川相模原  皇后杯決勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

日テレ 3-0 ノジマ

【得点者】  日テレ:田中(6,74分)、阪口(24分)

見始める前の興味は1点。ノジマがベレーザ対策をするのか、しないのか?

ノジマは菅野監督と歩んできた6年間で自分たちのサッカーを積み上げることに拘ってきたし、実際にそれで二部優勝、一部残留、そしてこの皇后杯決勝進出を手にしてきたはずです。それを大事にするのか、タイトルに向け変化を見せるのか、これはどのクラブにとっても参考になる決断だと思いましたね。

結果、ノジマはベレーザ対策をしたと思います。ボールを持たれることを想定し(普段は持つことを前提としたサッカーをしていると思う)、持たれても押し込まれないよう最終ラインを高く設定、更にマンツーマンで受け手の自由を奪うことが狙いだったと思います。

ただ、対策は甘かったと言わざるを得ないですね。

まずマンツーマンで守るならベレーザCB2人のうち、南野はどちらか1人に絞ってマークすべきなんですが、それは当然岩清水じゃなければダメでしょう。清水に蹴られるのは仕方ない・・・と割り切って岩清水に自由に蹴らせないようにする。これが出来なかったことが敗因のひとつ。

また、蹴られて裏を取られた後のGKのカバーエリアも中途半端だったし、オフサイドを期待して足が止まるのも早かったし、そもそも余りにも簡単に裏を取られすぎましたね。ベレーザの4-2-3-1とノジマの4-1-2-3は咬み合わせ的には悪くないし、しっかりとマンツーマンで対応できれば悪くない策だったと思いますが、その基本的なところで綻びがあってはベレーザ相手に厳しいのは当たり前ですね。

それでも、パオを投入した後半はセットプレイから何度か決定機を作ったし、それらが先に入って1点差にしていれば全く分からない試合だったとも思います。惜しむのはやっぱり駒不足なんですよねぇ。平野、臼井、小林、和田、石田(吉見は元は中盤だから除く)とこれだけSBが被ってるのに使えるFWが南野しかいないのは明らかにバランスが悪いでしょ(苦笑)

皇后杯準優勝は立派です。ただ、リーグ戦は8位でギリギリ残留だったことは忘れちゃダメでしょう。尾山を筆頭に精神的支柱だった選手たちがクラブを去ることも決定してます。1歩でも2歩でも前進するには的確な補強と田中陽子の更なる飛躍が必須ですよ。

最後にベレーザについて。上手いし、チームとしてサッカーを知ってるのが強みですね。ただ、3連覇&2冠を達成した割には”手も足も出ないような強さ”は感じないんですよね~。神戸が強かった時にはホントに強いと思えたんだけど。。。周りのレベルが上がったのか・・・、ベレーザがそこまでではないのか・・・、浦和とノジマの守備を見てると後者のような気がするけどね(苦笑)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
皇后杯・カップ戦
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2-98 コーナーキックの事情 皇后杯準決勝 ジェフL 0(EX)1 ノジマ【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

自由【走れ!!ソニー仙台FC】

有難うございました!【走れ!!ソニー仙台FC】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:43
  • 累計のページビュー:2310300

(01月16日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss