球マニアのBLOG

なでしこジャパンvs北朝鮮 E-1選手権最終戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

なでしこ 0-2 北朝鮮

【得点者】  北朝鮮:キム ユンミ(65分)、リ ヒャンシム(82分)

90分通して終始ゴールへ向かったのは”勝たなくても良い”北朝鮮でしたね。先制した後も落ち着くのではなくしっかり2点目を獲りに行ってました。それによってなでしこは大いに苦しめられましたよ。見習うべきですね。

前半のボールの持ち方、SHのところでボールを持ってもクロスでもなく、抉るでもなく、横パス、バックパスが多かったのはボールキープの時間を増やしてスコアレスで折り返すという作戦かと思ってました。ガチだったとはね・・・(苦笑)そればかりか、あの内容で選手も監督も『前半は良かった』と言っていたのがオワッてますよ(爆)

左SB鮫島、右SH川澄ならもっと個でもコンビでもサイドを攻略して質の良い攻撃、フィニッシュが出来たと思いますね。中島を左SHに投入したあと中央へポジションチェンジさせてますが問題はそこじゃないし、左SHに戻した籾木は前半からそこでは全く機能してなかったですからね~。意味が分かりません。菅澤を入れてもクロスが増えるわけでもなく、3点獲らなければならない状況で中里って・・・。何を期待すれば(苦笑)

世代交代って言いますが、若手はアンダー時代に世界で結果を出してきた選手たちですよ。レベルが低いわけでは決してないはずです。我慢って言いますが、それぞれ選手の得意ポジション、クラブでやってるポジションで起用すればその我慢もしなくてもいいのでは???

有吉、川村と本来代表の軸になるべき選手たちが怪我をしたのは同情できます。しかし、川澄、岩清水、近賀、など代表引退を表明したわけでもない実力者を排除し続けているのは監督本人です。それで結果が出なければ当然責任は追及されるべきだと思いますがね。

【以下は独自採点】

1   池田   5.0   失点はGKのミスではない。ただ、1失点目は止めて欲しいレベル。

22  高木   5.0   攻守両面でプラスになり切れてない。前に行っても無難なプレイばかりで状況を打開するプレイが少ない。普段からやってないポジションという言い訳はあるが。。。

23  三宅   5.5   悪くない。個人レベルでは対応できている。今後はもっと周囲との連携で守れるように。

3   鮫島   5.5   裏への対応は相変わらず強い。ただ、そこで連続して連係ミスも出ているし、ビルドアップは横パスしかない。

6   宇津木  5.0   岩渕へのクロスとサイドチェンジ1本良さは出した。ただ、攻守に物足りない。SBでは良さは出ない。

10  阪口   5.0   前へのフリーランで後方のビルドアップをし易くする意図は感じたが、そのまま前線で攻撃に絡むようなプレイは少なかった。3年連続リーグMVPも澤や宮間のような絶対的存在感は未だない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこジャパン
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2-97 コーナーキックの事情 E-1選手権 なでしこJAPAN 0-2 北朝鮮代表【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

「なでしこ」か?【猫と観るスポーツ】

2017:A代表:東アジアE-1選手権:第2戦:H:vs中国「大胆な選手入れ替えで競争を生み出す快勝」【蹴鞠談議2】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:43
  • 累計のページビュー:2310300

(01月16日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss