球マニアのBLOG

なでしこジャパンvs韓国  E-1選手権初戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

なでしこ 3-2 韓国

【得点者】  なでしこ:田中(8分)、中島(71分)、岩渕(83分)  韓国:チョ・ソヒョン(14分)、ハン・チェリン(80分)

3点獲りましたし、失点の1つは事故のようなPKなんでね。結果だけ見れば悪くないかもしれませんが、内容は90分通して韓国でしたよ。管理人が韓国側の人間なら手ごたえどころか、大きな自信、次は勝てる!という確信を得た試合になったかもしれないです。

ヨルダン戦もそうでしたが、ホントにパスが繋がらないですね。明らかに上手くいってないのにピッチ上でも、ベンチからの指示でも修正するような雰囲気を感じないし、HTで変わるわけでもないしね・・・。もうちょっと意図のある攻撃をして欲しいんですけどね。

選手起用(その前に招集メンバーについてもありますが)については言い飽きました(苦笑)それを追求しない、意図を聞かない、メディアにも疑問しかないですね。結局、五輪は開催国枠で出場だし、有利なGLが期待できるし、そこで結果を残すためならW杯でさえもテストにしそうな勢いですよね。んで、そのW杯予選(来春)は8分の5(日本、豪州、韓国、中国、タイ、ベトナム、フィリピン、ヨルダン)に入ればいいんでしょ、楽勝×2♪みたいな・・・(笑)

ただね、個人的には”タシケントの悲劇”を見てるだけにね。あの時のSAMURAI5は今のなでしこより全然信頼できたし、99.9%突破の可能性があったと思いますしね。もっと良いテスト、良い準備をして欲しいです。。。

【以下は独自採点】

1   池田   5.0   2失点ともGKに責任はない。ただ、PKはコース、スピード、共に止められるレベルだったはず。

2   大矢   5.0   前半は消えまくり。後半はそれなりに攻撃参加もしたが効果薄。守備時のポジショニングの悪さに目を瞑る為には攻撃面で良さを出せないと・・・。SBデビュー時の期待からは残念ながら下降線。

23  三宅   5.5   後ろにも前にも強くやられそうな雰囲気はない。熊谷の相棒として期待大。課題を出すならビルドアップに工夫と得点力。

3   鮫島   5.0   裏のカバー(スピード)では良さを出せているが、前には中途半端だったしビルドアップの1本目の質が低い。

20  万屋   5.0   先制点をアシストしたクロスの質は素晴らしかった。が、その後のプレイは攻守両面で平均点を下げるのに十分なもの。

6   宇津木  5.5   守備時の安定感はさすが。ミスパスも少なかったが、効果的なパス、リズムを変えるようなプレイも欲しかった。

10  阪口   5.5   前目でプレイする時間が多く、十分期待できたし終了間際のヘディングシュートなどには可能性を感じた。こういうプレイを継続してもらう為にも相棒が重要になるということを再確認した。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこジャパン
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

クラシカルな10番タイプの司令塔が必要とされなくなったのは悲観的な要素ではない。【FCKSA66】

香川真司をどう使う? 岡崎慎司をどう使う? 本田圭佑をどう使う?【FCKSA66】

W杯ロシア大会展望。「判断速度」を上げる事が勝機を生む【南米人的日本サッカーへの応援歌】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:64
  • 累計のページビュー:2310363

(01月17日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss