球マニアのBLOG

なでしこジャパンvsスイス 国際親善試合

このエントリーをはてなブックマークに追加

なでしこ 2-0 スイス

【得点者】  なでしこ:中島(69分)、田中(90+3分)

台風が迫る大雨の中でもそれほど劣悪なピッチにならなかったのは両チームにとってもサポーターにとっても幸いだったと思います。しかし、この試合になでしこが何を求めたのか、いまいち分からない、伝わって来ない試合でした。

個人的には鮫島の右SBも2列目のシャッフルした並び方も今テストすることではないと思いますね。固定メンバーもまだまだ少なく、結果も出てない今の状態ならもっと選手の特徴をそのまま生かせる起用の方が良いと思いますよ。

後半に中島が右SHに入り、櫨は中央、長谷川が左SHになってからの方がビルドアップや攻撃のカタチが良いし、実際にゴールも生まれてますしね。少なくても15~16人のメンバーが固定されたからポリバレント能力はテストされるべきだと思います。

相手のスイスも本来ならバッハマンやディッケンマンといった強烈な個がいるわけで、その点でこの試合はアジアよりもレベルが低かったと思いますね。なので、もしかしたら狙いだったテストからは替えた可能性も否定はできませんが、それでも収穫が多かったとは言えないでしょう。

来春のW予選までは残り半年ほど。12月のE-1選手権は良い機会だと思いますが、手の内を晒すのか、隔すのか、といった課題もあるし、実践が少ないことに変わりはありません。結果が出てない中でもテスト期間が長すぎるし、このまま本番突入するようならむちゃくちゃ不安ですけどね。。。

【以下は独自採点】

1   池田   6.0   完璧な足元の技術で完封に貢献。PKになりかけた場面があったが基本的なセービングに問題なし。

3   鮫島   5.5   右でも悪くない。が、絶対左の方が良い。鮫島より良いプレイの出来る右SBは他にいるが、鮫島より良い左SBはいない。

4   熊谷   6.0   安定感抜群。ビルドアップでのパスミスもなし。

6   宇津木  6.0   熊谷同様に安定している。もっとロングフィードを蹴っても良かった。

20  万屋   5.5   90分間プレイしたことは良い経験。穴も作らなかったが縦への仕掛けなど今後の課題もアリ。

10  阪口   5.5   低い位置での捌きが多かったがロングボールで起点になるなど良さは出せていた。ただ、本来なら前での存在感も示せるはず。

14  中里   5.5   セカンドボールへの反応が良く中盤でボールに絡み続けた。前へ出ていく意識も高く運動量も豊富だった。

5   櫨    6.0   右⇒中⇒左と2列目の全てでプレイしたが、アシストを含めトップ下での存在感が際立っていた。キープ力、ワンタッチでのスルーパスなど十分定着から主力になれるモノを持っている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこジャパン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

なでしこジャパンvsスイス 国際親善試合

>寺西峰子さん
コメントありがとうございます。それぞれ良い視点の私案だと思います。管理人的には次のように感じました。

1、点差は最小でしたが国澤選手は確かに起用されるべきだったと思います。地元長野、スイスに対する高さという点でも。

2、ベレーザはリーグ3連覇のチームなのである程度偏重気味なのは仕方ないかと。ただ、3年連続MVPの阪口、結果を出してきた長谷川&籾木に比べ、中里のインパクトは小さいのでここは新たな選手(田中陽子でも)が起用されるべきだと思います。

3、東京五輪の前にフランスW杯もありますが、澤を筆頭に単純な年齢・数字だけで判断はできないかと。逆にこれだけ若手を起用してきてチームの成績が伴わないなら岩清水や川澄、近賀の力を借りるのもアリだと思います。特に今のままならアジア予選は突破できないと思いますから。

なでしこジャパンvsスイス 国際親善試合

高倉監督の選手起用の問題点(私案)
1、地元へのファンサービスの不足
  パルセイロの國澤選手は、当然どこかで出すべきだったでしょう。
2、日テレ偏重のチーム編成
  観客動員数の上位のチーム(神戸や長野は日テレの2倍以上)からや
  人気選手(神戸の仲田、ノジマの田中など)を入れるべし。
  夢と華があるチームにしてほしい。
3、年齢30の選手を出場させて東京オリンピックをどうするつもりなのか。
  そのとき33歳の選手を出すつもりなのか、大いに疑問。
記事の中にあるように監督を交代したほうがいいと思います。

こんな記事も読みたい

仲田歩夢「左サイドバックならA代表でレギュラーを奪える」【【小説】なでしこジャパン物語_アナザー】

【図解で分析】等々力劇場の3得点を振り返ろう 川崎フロンターレvsベガルタ仙台【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

Uー17W杯総括。ハイレベルなテクニック。しかしフィジカルには大きな差が。【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:958
  • 累計のページビュー:2304339

(12月17日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss