球マニアのBLOG

NGUラブリッジ名古屋vs常盤木学園 チャレンジリーグ2017順位決定戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラブリッジ名古屋 2-1 常盤木

【得点者】  名古屋:代田(30分)、長谷川(38分)   常盤木:加藤(46分)

【ホーム限定WOM】  公式:代田(管理人的:長谷川)

毎年テンション高めのホーム最終戦になるとはいえ、わずか2週間前に見たチームと同じには思えませんでした(苦笑)それほど素晴らしい前半だったです。

2週間前にもできていた運動量、攻守の切替、球際の闘いに加え、ビルドアップでは両ボランチを経由してサイドの高い位置までボールを運べていたし、シュートに対する積極性も維持、手元の集計では45分間でなんとシュート13本!(公式は7本)過去2年間は二桁のシュート数を記録した試合が2試合しかないというのに(笑)

何があった?というか、何でこのサッカーで広島に負けたんよ?(苦笑)

ただ、手放しで褒められるのは前半だけです。全て決めきっていれば5-0で折り返せた前半だったのに、2点差にしかできなかったことで後半は常盤木の猛攻を受けます。失点したのが後半開始早々だったことを想えば、同点、逆転されてもおかしくない展開だったと思いますが、今のチームは勝ち切りますからね~。立派なもんです!それでも、もっと上を目指すならトドメを刺せない人(チーム)の良さは改めるべきですよ(笑)

リーグ戦15節に続き、順位決定戦も素晴らしい結果(2勝1敗で7位)だったと思います。でも、1位は静産大ボニータ、バニーズ京都も2位の可能性を高く残しています。互角に戦えたこの2チームがワンツーフィニッシュとは・・・。ホントに十分昇格できたシーズンだったんですよ。その悔しさを残りの皇后杯、来季へと繋げて欲しいと思います。

【以下は独自採点】

23  都倉   5.5   セービングやDF裏のケアは良くできたがキックに安定感がなかった。失点場面で出来たことはない。

18  北川和  6.0   後半失速したが前半は素晴らしいパフォーマンスだった。オーバーラップのタイミングとそこでのプレイの質が高く先制点は起点になれている。

3   道倉   6.0   相手エースに仕事をさせない対応をした。さすがだし、意地を見せてくれた感じ。

4   坂梨   6.0   カバーリング、競り合い、などミスなくプレイできた。特にカバーエリアは今季一番広かったと思う。

2   北川佳  5.5   守備での粘り強い対応と積極的な攻撃参加はいつも通り。切り返してのクロスをようやく出せた。

13  作元   6.5   危険なミスは一度だけ。それを補って余るだけのプレイをしている。相手攻撃の起点潰し、自チームに有効なルート確保(ボール捌き)、この選手の成長がチーム力を一番安定させたと思う。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NGUラブリッジ名古屋
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

壮絶な決戦を落とす・・しかしまだ終わってない!!【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

今年の冬は。【走れ!!ソニー仙台FC】

セレクション2回連続合格の西澤和真選手、欧州古豪クラブにてプロ契約を勝ち取る!【世界プロサッカー挑戦プロジェクト(WPSCプロジェクト)】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2283661

(10月23日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss