球マニアのBLOG

INAC神戸レオネッサvsアルビレックス新潟L  なでしこリーグ2017第11節

このエントリーをはてなブックマークに追加

INAC神戸 1-1 アルビ新潟L

[得点者]  神戸:京川(31分)、新潟:園田(70分)

18時キックオフだったからなのか、中断期間にしっかりトレーニングしてきたからなのか、神戸は攻守の切り替えが素晴らしく最後まで新潟陣内でプレイし続けることができていました。

ただ、奪っても効果的な縦パスが少なく、サイドは崩せるもののそこで手数を掛けすぎるから『中央に人がいない』という状況で、ポゼッション率が高い割にはゴールの匂いがしないという典型的なダメパターンでしたね。

逃げ切るつもりは微塵もなかったと思いますが、個々のひらめきに頼った攻撃ではいずれ”攻め疲れ”になることは予測できていたし、その攻め疲れによる集中力の低下によってあっさりとカウンターを許し失点するのは神戸だけじゃなく、SAMURAIBLUEでもなでしこジャパンも散々見てきた”お約束”とも言えますね。

それでもこのサッカーをするなら複数得点できないと話になりませんよ。最終ラインには本職じゃない選手を2人も起用してるんだしね。

その得点を増やす策ですが4-4-2よりも4-3-3の方が今の戦力に合ってるように思いますね。頂点に大野or京川or道上、ウィングには中島、高瀬、仲田、増矢ら、アンカーを置いてイェスル、明日菜、伊藤らに底を任せられるならISHは杉田妃、福田に中島や増矢、大野や京川だって出来るでしょー。最終ラインは守屋を右に戻し、三宅とイェスル、明日菜、ホンヘジの誰かを組ませ、左は不動の鮫島です。もちろんダブルボランチの三角形でもいいですが、どーせ前からプレスをやるならね~。

コンバート自体を否定はしませんよ。澤を筆頭に成功者もたくさんいるわけですから。でも、やるなら結果を出さないと。。。今の神戸なら選手自身の得意としているポジションで、その選手の特徴を出させた方が良い結果が出そうな気がしますけどね~。松田さんは余計なことをして難しくしてるだけかもしれないですよ。

[以下は独自採点]

1   武仲   5.5   失点場面はCBとのコンビが特別悪かったわけではなく致し方ないと思う。それ以外は落ち着いてDF裏もケアできていた。

11  高瀬   6.0   守備で穴を作らず、攻撃では十分危険なSBになってきている。代表に呼ばれるべきパフォーマンスだと思うが。

5   三宅   5.5   集中して守れていたが失点場面は園田のドリブルに対し下がりすぎた。守屋を信じて園田を潰しに出るべきだったように思う。

2   守屋   5.5   失点場面以外は問題なかったが、あの場面で三宅に対しコーチングできたかどうか知りたいところ。

3   鮫島   6.5   圧巻のパフォーマンス!京川のゴールに繋がった突破はファーストタッチが素晴らしかった♪中島とのコンビは固定しても良いかもしれない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

暑い夏はどこへ【走れ!!ソニー仙台FC】

永井秀樹引退試合 国見高OB vs 帝京高OB -あの頃、君たちは若かった-【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

ゾッとする話2【走れ!!ソニー仙台FC】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:337
  • 累計のページビュー:2273136

(09月18日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss