球マニアのBLOG

なでしこジャパンvsアメリカ 親善試合

このエントリーをはてなブックマークに追加

なでしこ 0-3 米国

【得点者】  米国:ラピノー(12分)、ピュー(60分)、モーガン(80分)

1勝7分25敗。これがアメリカとの対戦成績らしいです。*確か放送中にこう出てました。

当然全部知ってるわけじゃないですが、アメリカが立ち上がりから圧力を掛けてくることは管理人が知ってるだけでも十分想定内なわけですよ。15年カナダW杯決勝では開始3分に失点してるし、11年ドイツW杯も前半の猛攻を耐えに耐えて後半を迎えてるはずです。この試合でも前半1分に普通に失点してもおかしくない場面を作られていて、何であの後半の入り方になるのかホントに理解に苦しみます。

また、スピードとパワーで劣っているのは今回初めて分かったことじゃないでしょう。3試合とも同じような失点を繰り返しましたが、それに対する対策が何だったのか全く分かりません。とにかく貴重な機会に同じ失敗を繰り返したことになります。攻撃に関してもビルドアップ時に受け手の動きが少ないのか、的確じゃないのか、はたまた連携面でタイミングが合わないのか、とにかくパスが後ろばかりです。選手の引き出しも少なければ、そこを改善しようとしない監督の意図も分かりませんね。

ただ、アメリカだけでなく、ブラジル、オーストラリアという3か国に対し、今回招集したメンバーなら十分あり得た結果ですよ。そもそも勝てるメンバーを揃えてないし、一定の選手については効果的な起用法でもなく、本番(W杯や五輪)の為になるとも思えません。

来春にはW予選が控えていますが、それまでに行えるテストの場は年内だと10月の国内スイス戦のみだし、年明けも毎回調整不足で臨むアルガルベ杯ぐらいでしょう。市瀬じゃなく岩清水、中里じゃなく川澄、川村や永里も含め、人選は再考されるべきです。世代交代をのんびりやれるほど国内の女子サッカーは成熟してないし、日本人はW杯や五輪の惨敗を軽く受け流せる人種でもないと思いますよ。

【以下は独自採点】

18  山下   5.0   DF裏のケアは完璧だったが、成す術なくやられた3失点だった。

3   鮫島   5.0   率なくはできるが、攻守両面で本人にも違和感ありながらのプレイに見える。良さを出せてるとは言えない。

23  市瀬   5.0   予測だけでやるには限界。3試合スタメンで起用されるレベルにない。

6   宇津木  5.0   1失点目、3失点目はポジショニングが悪い。リーダーになるべき存在としても物足りない。

4   万屋   5.0   意図のあるビルドアップや周囲との連携で攻撃していく場面が少ない。もちろん個人で打開していく力もない。

10  阪口   6.0   中盤の底でゲームメイクするだけでなく、高い位置を取って攻撃に絡む場面が多くチャンスも演出できていた。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこジャパン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ペトロビッチの捉え違い――「負けたが内容は悪くなかった試合」ってあるのか!?【Memories of the game】

2-81 コーナーキックの事情 国際親善試合 なでしこJAPAN 2-4 オーストラリア代表(Tournament of Nations 第2戦)【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

なでしこジャパンvsオーストラリア 親善試合【球マニアのBLOG】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2273879

(09月23日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss