球マニアのBLOG

NGUラブリッジ名古屋vsバニーズ京都SC チャレンジリーグ2017第15節

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラブリッジ名古屋 1-0 バニーズ京都

【得点者】 名古屋:長谷川(5分)

【ホーム限定WOM】 公式:都倉(管理人的:長谷川)

ホーム開幕戦と最終戦は毎度毎度入り方が素晴らしいんですよね~♪これ、毎回にならんかな???苦笑

すでに1位通過を決めている京都と、他力ながら2位への可能性が残されている名古屋とでは端から立場(メンタル)が違うので内容も結果も想定内かな?とも思うんですが、それでも名古屋の立ち上がりは素晴らしかったですよ。

名古屋は攻守の切替が早く、ボールホルダーへのプレス強度も高く入れたので京都の良さを出させないことが出来てました。いつもなら京都の攻撃を受けることでいっぱいいっぱいの印象ですが、京都自体が『なんか、上手くいかないな~』と感じてるとこに長谷川ミドルがズドン!でしたね。ジャイキリ試合としてはあるあるな展開だったと思いますが、もちろん素晴らしい時間帯だったと思います。

その先制場面を含めてスローインからフィニッシュに行けた場面(最後が土井の2つ)が他にもあったことが管理人的にはものすごく嬉しかったですね。スローインは決して止まっていい場面ではなく、どちらが投げ入れるにしろチャンスを作れる場面だと思いますから是非継続して欲しいと思います。

京都が本領を発揮し始めた時間帯にもただ押し込まれるじゃなくしっかりと反撃に行けたし、結局決定機は一度も作らせてないですからね。何度か書いてきたように今期の京都とは昨年ほどの差を感じなかったので、このような結果を最終戦ではなく開幕戦でも同じように出せたと思うし、昇格への可能性を残すためには勿体なかった試合がいくつかあるのが事実ですが、リーグ戦で残留を決めてくれたことはホントに満足しています。

順位決定戦をどう戦うかはそれこそクラブ方針でしょうね。管理人が望むように全ての選手にチャンスが与えられてもいいと思うし、皇后杯へ向けてベストな準備をしていくでもいいでしょう。とにかくホーム2試合獲得してくれたし、楽しませてもらいますよ♪

【以下は独自採点】

23  都倉   6.0   自分で話していたように飛び出せなかった場面は判断ミス。ただ、それ以降は粘り強くDFと連携して完封劇に貢献した。キックが絶好調だった。*風は関係なくしっかりインパクトさせられていた。

18  北川和  6.0   この暑さの中、攻守両面で素晴らしい運動量だった。シュートで終わった場面も良い判断。

3   道倉   6.0   珍しく試合中に笑顔が見られた。(多分今までない)全然良いことだと思う。プレイはミスなく完璧だった。

4   坂梨   5.5   高さ勝負、カバーリング、背後のケアと率なくプレイできた。左足のフィードも悪くない。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NGUラブリッジ名古屋
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

歓喜と追憶の90分【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

PR活動【走れ!!ソニー仙台FC】

【新企画】Dialogue with Yuto Nakamura No.01 4of4 〜ダイアログ with 中村祐人〜【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2297454

(11月25日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss