球マニアのBLOG

NGUラブリッジ名古屋vsJFAアカデミー福島 チャレンジリーグ2017第13節

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラブリッジ名古屋 2-1 ac福島

【得点者】 名古屋:長谷川(45分+1)、代田(88分)  福島:遠藤(56分)

【ホーム限定WOM】 公式:代田(管理人的:都倉)

ラスト10分(80分以降)の時間帯にゴールを決めた試合はこれで6試合目になりました。試合数の約半分に当たる素晴らしい粘りだと思います。勝ち切れるようになったのも過去を知るものとして非常に嬉しい限りですね。

ピッチを入れ替え風上を選択した名古屋はその判断を生かす素晴らしい立ち上がりを見せました。球際での戦いにも、ルーズボールへの反応にも十分な気持ちを感じ取れましたし、パスもかなり繋げていてホームチームらしく押し込めていたと思います。ただ、シュートで終わらないから余計なカウンターを何度か受けていました。立ち上がりは相手キーマンである遠藤がMFスタートだったから危険な場面にならなかったですが、こういう点は修正して欲しいですね。

それでも課題だったスローインも相手をしっかり背負った選手に投げ入れる場面が多く、以前よりはボールロストする回数は少なくできていたと思いますし、CKも相手GKの高さを避ける為だったと思いますが、ショートコーナーや低いボールを入れることが多く工夫できていたと思います。欲を言えば前半終了間際の長谷川のゴールは高いクロスボールをGKがミスったものですからね~。同じのを後半立ち上がりにやるってのはあっても良かったと思いますよ。その方が相手はイヤでしょ。

この試合を勝ち切ったことは大きいです。でも、そういう試合が後2試合残ってます。静産大が勝ち点を落とさない以上、自力での2位は見えてきませんが、連敗すればリーグ戦で残留が決まらない可能性もあります。こんな痺れる状況で試合が出来ることを楽しんで欲しいです♪この試合で勝ち点は『18』まで伸びました。すでに昨年を超えたよ!成長できていることを自信に!

【以下は独自採点】

23  都倉   6.5   同点弾は手に当てながらも防げなかったが、その後に2つの決定機阻止がある。バックパス処理も良かった。WOMは代田に譲ったが間違いなく同等の貢献度。

18  北川和  6.0   自身の運動量だけでなく多くの周囲との連携でサイドの崩し方が多彩だった。

3   道倉   5.0   試合価値、状況、相対する相手、どれを取っても安易な対応だったと言わざるを得ない。それ以外は良かっただけに勿体なかった。

4   坂梨   5.5   スピード勝負に分が悪いことは初めから分かっている。カードをもらってでも・・・という対応も判断としては仕方ない。それ以外は良いプレイをしていた。

2   北川佳  5.5   SHとの連携が良くシュートを打つなど前節に比べれば攻撃的にプレイできた。ラストパス、クロスの精度は課題。

13  作元   6.0   長谷川が高い位置を取る時間が多く、1人で中盤の守備を引き締めつつビルドアップの起点になり続けた。逆サイドへ展開するなど攻撃方向の選択もまずまず。DF裏へのフィードの精度UPが課題。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NGUラブリッジ名古屋
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2-77 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ 浦和L 2-1 I神戸【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

2-76 コーナーキックの事情 なでしこリーグカップ マイナビ 1-2 I神戸【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

NGUラブリッジ名古屋vs静産大磐田ボニータ チャレンジリーグ2017第12節【球マニアのBLOG】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:60
  • 累計のページビュー:2297454

(11月24日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss