球マニアのBLOG

INAC神戸レオネッサvsジェフユナイテッド市原・千葉L なでしこリーグ2017第5節

このエントリーをはてなブックマークに追加

INAC神戸 2-0 ジェフ千葉L

【得点者】 神戸:道上(79分)、大野(83分)

前節の逆転負けを引きずらないことが重要でしたが、神戸はしっかりとした内容で勝てたと思います。

先制点までは時間が掛かりましたが、ジェフは試合開始から強烈な前プレを仕掛けてくるチーム。それを掻い潜るだけの技術、連携、メンタルは今の神戸にはまだないです。ただ、そこを凌げば90分の走り合いでは負けないだろうし、中島を擁するセットプレイの精度はここまででも十分示していましたからね。

だから、相手唯一の決定機だった場面を三宅が防いだプレイがホント大きかったですよ。明日菜不在の中、韓国人とコンビを組みDFライン全体を良くリードしていると思いますね。

思わぬ中断(雷のため)となりましたが、急遽出場のホンヘジ含めバタつくことなく試合に戻れましたし、増矢のプレイが効果的だったことも良かったです。GW期間はこの試合から連戦となりますのでこの日出番のなかった仲田に掛かる期待も大きいし、福田だけじゃなく島袋や平塚も観てみたいですね。

ただ、そこまで余裕のある試合ができそうな感じはないんですが(苦笑)

【以下は独自採点】

1   武仲   5.5   セービングには問題ないが、繋ぎの部分でリスクを負いすぎる場面が気になる。武仲からのパスは通るが、2手先で即詰まるところを選択しているのは修正が必要。

2   守屋   6.0   武器の運動量に更に磨きが掛かっていた。攻守で連動し続け積極的にシュートも打てた。

5   三宅   6.5   前で潰すことも背後のカバーリングも素晴らしい守備だった。相手決定機もゴールライン前でクリア。

23  イェスル 5.5   前で潰すことは完璧。ビルドアップもミスが少なかった。交代が怪我じゃなければいいが。。。

3   鮫島   5.5   今季はホントにドリブルで打開する場面が多い。それは十分効果的。最後まで落ちないスタミナも〇

6   伊藤   6.0   身体を張った守備をしながらビルドアップの拠点になり、更にバイタルへの侵入回数も多かった。交代は解説の甲斐さんが言うように前向きなもの(スコアレスで膠着する状況を打開するため)で気にすることはない。

7   中島   6.0   またもやCKからのアシストを記録。ホントに好調を維持している。前半はダブルボランチというよりはトップ下に近い位置が多く、相手にとって脅威であり続けた。

11  高瀬   5.5   中々ゴールにならないがフィニッシュには行けている。中盤の組み立てにも逆サイドで絡むなど運動量も問題ない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

あと少し【走れ!!ソニー仙台FC】

「スポーツは最高のコミュニケーション」(第16回JDFAデフリーグ大会)【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

モンゴル女子サッカー普及に向けて!【モンゴルから世界へ! FC墨田ウランバートルの挑戦!】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:393
  • 累計のページビュー:2222016

(07月10日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  4. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  5. 外れる2人、入る3人
  6. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  7. 大谷翔平<ジョニー黒木
  8. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  9. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ
  10. アギーレの後任に相応しい人物とは!?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss