球マニアのBLOG

静産大磐田ボニータvsNGUラブリッジ名古屋 チャレンジリーグ2017第2節

このエントリーをはてなブックマークに追加

静産大磐田 0-0 ラブリッジ名古屋

【得点者】 なし

今季の初勝利を期待して前節に続きアウエーへ連続参戦しましたが、スコアレスの引き分けで『勝ち点1』獲得に留まりました。

名古屋は開幕戦からトップ下と左SBを代えたスタメンで臨みます。チームのやり方としてはマイボール時にはボランチの作元がCBの間に降りてビルドアップのスタートとなり、相棒の長谷川は高い位置で攻撃的にプレイする意図が見て取れましたね。

ただ、ほとんどチャンスは作れてません。CBとボランチの間でもパスが詰まる、横パスをカットされる場面がありますし、FWがポストプレイで収められず、SHもボールを受ける動きが少ないので、現状では『絵に描いた餅』になってます。パスを繋ぐことを目指すのは良いですが、しっかりトレーニングしないと・・・ちょっと時間が掛かりそうですね。

更に気になったのがセカンドボールをほとんど拾えてないことです。これは単純に”予測”が足りないし、『パス&ゴー』の基本もできてません。ボールが近くに来てから反応している選手が多すぎますし、ビルドアップが上手くいかないのもこういう点が原因ですね。もっと細かく動いて、更にそこから動きなおして、ボールを引き出し続けることが必要です。いつもアップでやってるみたいにね。

それでも2節までは去年のWESTの1,2位ですからね。勝ち点1を取れたし、得失点差でも『-1』は良くやったと思います。でも、京都も静産大も名古屋次第では勝てた相手ですよ。後々『勿体なかった・・・』にならないように祈ります。

【以下は独自採点】

23  都倉   5.5   キックの飛距離はあるが精度UPは課題。ほとんどのボールが相手に渡ってしまっている。ターゲットを決めて蹴るべきだし、そのターゲットにはギャップができるような相手を背負ってもらうなど要求すればいい。決定機阻止が一度あった。

18  北川和  5.5   バックパスが比較的少ない。パスだけでなくドリブルも含めプレイが前進するのがいい。課題はクロスの質とSHとの連携。

4   坂梨   5.5   スピードはないが背後のボールに対しても粘り強く走って対応できた。ヘディングのクリア、パスはしっかり味方へ繋げて欲しい。

3   道倉   5.5   対人の守備では前節同様に良くやっている。フィードの精度UPが課題。特に左足。

2   北川   5.5   かなり高い位置をとって攻撃をスタートしていたし、積極的にシュートも打った。それでもやっぱり左よりは右の選手。

13  作元   5.5   CBの間に入ってビルドアップするなど前節よりは工夫が見れたし、ボールタッチ数も増えた。しかし、効果的な捌きが出来ているわけではない。プレースキッカーとしても不発。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NGUラブリッジ名古屋
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【湘南男子サッカー部】関東大学リーグ2部(前期)第1節 国士舘大戦【東海スポーツ】

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦第2部 前期第1節 対立正大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

バニーズ京都vsNGUラブリッジ名古屋 チャレンジリーグ2017第1節【球マニアのBLOG】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2273879

(09月23日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss