球マニアのBLOG

大商学園高校vs十文字高校 第25回高校女子サッカー選手権決勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

大商学園 0-1 十文字

両高とも実力校ながら初の決勝進出とのことでしたが、今大会ではお互いに藤枝順心&日ノ本という優勝候補を倒しての勝ち上がりということで十分好ゲームが期待できました。

立ち上がりから中盤の主導権争いが激しくなりますが、いち早くペースを握ったのは十文字だったと思います。大商とは違ってショートパスだけでなく、ミドルやロングパスも上手く混ぜてピッチを幅広く使えていたのが良かったですね。両SHにスピードのある選手を擁していたこともあって理にかなった攻撃だったと思います。その攻撃をリードしていたWボランチもなかなかレベルが高かったですね。

対する大商は前半を守備的に割り切ってスコアレスで乗り切り後半勝負の戦い方だったと思います。十文字は結構安易にバックパスを選択する場面が多かったんですが、最前線がそれを追わないだけでなく全体のラインもそれ程上げずに相手攻撃に備えていた印象です。何度かピンチもありましたが、全体的には良く守れていたと思いますね。*TV画面では最終ラインの動きが見えなかったですけど(苦笑い)

HTで大商は左SHを1年生に代えてくるんですが、正直「?」でした。『攻撃が上手くいってないからキープレイヤーの11番をFWに上げた』との監督コメントでしたが、代えた左サイド(相手右サイド)には十文字のキープレーヤーである松本がいて、これを抑えつつ尚且つ攻撃でプラスαを出せる1年生なのか大いに疑問でしたね。

決勝点は松本に左サイドを崩されて・・・といった形ではないですが、先制後にこの1年生を下げていることからも交代策が上手くいったとは言えないでしょう。試合の流れ的に交代枠が2つまでで終わったことは仕方ないと思いますが、実際は1つに相当するプラスしかピッチにもたらせなかったことは明らかな失敗だったと思いますよ。後半立ち上がりは前半と違ってギアを挙げれただけにあそこで先制できていればもちろん違った・・・とは思いますけどね。

決勝点となったシュートはロングループで、それを決めきった十文字の10番を褒めるしかないでしょう。ただ、その前の場面で大商GK西川へのバックパスに対しプレスを怠らなかった十文字の18番の姿勢が非常に大きかったと言えます。プレスによって西川はクリアを相手に渡してしまう小さなミスを犯し、それを繋がれ10番がシュート体制に入った時にはクリアを蹴った場所から戻り切れてない状況でした。

『最後まで諦めない』は皆分かってることですが、実際それをやりきれる選手は稀だと思います。指導者は言葉だけでなく、この映像を使って何度もそれを伝えて欲しいですね。

『勝負の神様は細部に宿る』元日本代表監督の岡田さんが大事にされている言葉ですが、この試合の決勝点にまさに凝縮されてますよ。

それをこの先の人生に、できればプレーヤー人生に生かして欲しいと思いますね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
女子サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

久々の高校サッカーを満喫〜佐野日大vs前橋育英(1月7日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

【高校サッカー】青春は、時に手厳しい。【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

市立船橋高校 - 前橋育英高校(全国高校サッカー選手権大会2回戦)【舞浜宣言】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:155
  • 累計のページビュー:2219252

(06月25日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  4. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  5. 外れる2人、入る3人
  6. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  7. 大谷翔平<ジョニー黒木
  8. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  9. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ
  10. アギーレの後任に相応しい人物とは!?

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss