球マニアのBLOG

名古屋オーシャンズvsバルドラール浦安 Fリーグ2016-2017第22節

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋 3-4 浦安

今シーズン3試合目。2週間前に大阪に敗れた試合以来の生観戦です。前節はアウエーで8発快勝だったようですが、相手が仙台ということを考えればそう手放しで喜べないですし、それ以外で勝ち切れない試合が続いているのも心配なところです。

浦安は本来こんな低い順位にいるチームじゃないと思いますが、3連敗中と調子が出てないこともあってキッチリ勝って自信と勢いを取り戻して欲しいと願い観戦スタートです。

両チームの1stは以下の通り。

【名古屋】 GK関口、FP星、セルジーニョ、安藤、八木 【浦安】 GK藤原、FP小宮山、中島、小野、チュス

名古屋は前回見たとき同様にピヴォがいない1stでしたが、安藤や八木が状況によって深さを作ってボールを引き出すなど工夫していたと思います。工夫といえば、ゴールクリアランスからの攻撃でGK関口がサイドの高い位置に張ってFPの役目をするようなビルドアップを見せていました。関口はそのままシュートっぽいプレイをした場面もあったと記憶してますし、積極的にエリア外でもプレイしていたので前回大阪戦で見た飛び出し(これが原因で失点し判断ミスだと思ったプレイ)もスタンダードなプレイなのかもしれません。

それでも名古屋ペースだったとは思いません。シンビーニャの2ゴールで前半はリードできたし、ゴール以外でも3~4本ポストに当たったシュートもあったんですがね、、、名古屋が良いというよりは浦安が悪かった感じです。

お互いに自身からは攻め手のない前半を見て後半は守備がポイントだと思ってましたが、その通りに浦安の前プレが良くなると名古屋はビルドアップでミスを犯しショートカウンターで失点を繰り返しました。安藤のゴールで3点差としたときは多少安堵したんですが、これがサッカーとは違うフットサルの怖さであり魅力ですよね。

同点とされたペドロ・コスタ監督はいきなりPPに移行します。ただ、この時点でまだ5分以上残っており普通に落ち着かせてプレイを再開させるだけでも十分勝機はあったと思うんですよね。策としては間違ってないですが、PPしかなかったわけではないところに名古屋の余裕のなさ、得点力に対する不安、大阪の背中が遠ざかることへの危機感、があったのかもしれません。観てる側とすれば『早すぎる!』と思ったし、当然PP返しの不安があってそれが的中してしまったんですけどね。。。

実は名古屋のPPを凌ぐ中で浦安にもPPを仕掛けるチャンスがあったんですよ。でも、浦安はPPを選択しなかった。米川監督はPPを仕掛けるよりもPP返しの方が得点の可能性が高かったと判断したんじゃないでしょうか?ハッキリ言って観てる側もそう思ってましたよ。それ程名古屋にも浦安にも”得点源”がいないんですよね・・・。

無理にPPを仕掛けて逆転負け。大阪との勝ち点差は『8』に広がり、自力Vもなくなりました。優勝に向けては過去最大のピンチでしょう。更に運営面でも10月末から年末まで続くホーム戦9試合に向けて、『オーシャンズパック7』というお得チケットの発売を決め多くのファンに続けて試合観戦に来てもらえるよう仕掛けましたが、この日は雨ということもあって835人という寂しい結果に。ここまでの成績自体も2勝2分2敗の大躓きですし、勝った2試合もロースコアの1点差勝利。ピッチ内も外も頭が痛いかもしれないですね・・・。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
名古屋オーシャンズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

名古屋オーシャンズvsシュライカー大阪 Fリーグ2016-2017第19節【球マニアのBLOG】

ゴレにーろのプロローグ~ Appears in football that a person’s life。【ゴレにーろの備忘録。~FOOTBOOL EDITION~】

サッカー王国 Shizuoka【走れ!!ソニー仙台FC】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:247
  • 累計のページビュー:2303167

(12月15日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss