球マニアのBLOG

INAC神戸レオネッサvs浦和レッドダイヤモンズレディース なでしこリーグ第14節

このエントリーをはてなブックマークに追加

INAC神戸 3-2 浦和L

先日書いたマッチレポ(ベレーザvs新潟L)は15節だったのでね、これは更に前です(苦笑)

『福元が加入して神戸は守備が良くなった』とは実況&解説の意見でしたが、個人的にはそうは思いませんでしたね。浦和の出来がホントに悪くほとんどチャンスを作らせなかったのは事実ですが、そんな中でも実際に2失点してますし上位のチーム相手なら通用してない守備だと思います。

それでも、90分通して走りきっていたことは評価したいと思います。本来当たり前のことですが、これが出来た試合は少ないしただ走るだけではなく周りとの連動という点でも一定の成果があったと思いますから。守屋の逆転ゴールなどは理想ですよね。

リーグ再開後は連勝してますが、唯一のプロクラブとして特別評価できることじゃないです。去年のように神様を連れてこれる選手(澤)がいなくても皇后杯は獲らないといけないですよ。何としてもね。その為の残り2節にして欲しいですね。

[以下は独自採点]

31  福元   5.0   久々にプレイを見れたが90分続くコーチングと至近距離からのシュートに対する反応は何も変わってなかった。2失点したがGKを責められない。

23  守屋   7.0   元々の武器ではあるのだがこの試合では驚異の運動量だった。相変わらず攻撃に出ていくタイミングもいいし、思いっきりもある。エリア内、逆サイド、の位置から決めきった得点は近賀の後継者に相応しい。

5   甲斐   5.5   先制された場面では後藤を見失ってしまったが、前のDFが北川への対処を誤っている点があるので甲斐だけのせいではない。他は安定したプレイぶりだった。

4   田中   5.5   落ち着いてビルドアップできていた。もう少しラインを高く設定できていれば効果的な楔のパスを出せたと思うのだが。

3   鮫島   6.0   積極的な仕掛けは相手にとって脅威であり続けた。シュートも打てていたし好調を維持している。

16  ソヒョン  6.0   基本の守備を怠りず、効果的な攻撃参加も目立った。ビルドアップの際には最終ラインまで落ちることも多く、DFをやった経験が生きている感じがした。

18  杉田   5.5   中盤でタクトを振りながらもフィニッシュへの関わり方はまずまずだったと思う。ミドルが打てていた点は評価したいが、その制度UPは課題。せめて2本に1本は枠を捉えてほしい。

11  高瀬   6.5   思っていた通り前を向いた時の推進力はサイドで生きる。中央でのポストプレイも混ぜながらSBとのコンビも良くシュートも打てていて実際に得点もできた。個人的には左サイドの方がミドルを生かせると思うが、高瀬のサイド転向は京川のそれより全然あり。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

中国リーグの高額年俸ベスト20!気になる一位は?【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

【残り5試合】非公式MDP115【何かを残せ!】【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

『ホイッスル!W』連載開始! ホイッスル!を読み返して思い出すトルシエジャパン 甦れ2トップ!【蹴球オタクの古今東西】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:87
  • 累計のページビュー:2141256

(01月22日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  4. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  5. 外れる2人、入る3人
  6. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  7. 大谷翔平<ジョニー黒木
  8. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  9. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ
  10. アギーレの後任に相応しい人物とは!?

月別アーカイブ

2017
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss