球マニアのBLOG

NGU名古屋FCLvs新潟医療福祉大 チャレンジリーグ順位決定戦第2節

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋 2-3 新潟医療

これはあり得ない逆転負けですよ。今までもセオリーを無視した采配で何試合落として来たか・・・。なぜ同じことを繰り返すのでしょうか?敗因は100%選手じゃないですよ。。。

新潟医療はリーグ戦では1勝2分と負けなしの相手ですが、実際に観戦した試合では内容では上回られましたし決して侮れないことが分かっていました。この試合がオープンな打ち合いによるものなら十分あり得る結果で納得できるでしょう。

しかし、逆転した後の残り10分。監督は打つべき手を打たず、押し込まれて跳ね返せないピッチ上の問題を放置し、結果逆転負けを喫しました。同点は89分。逆転はアディショナルタイムですよ。

選手たちはやるべきことをやってました。GKはゆっくりと時間を掛けてキックに移行していたし、FPはコーナー付近でのキープやファールを受けた選手が靴下や靴ひもを直しながら必死で時間を掛けていました。監督はそれを目の前で見ていたのに・・・。あの状況の残り10分をピッチ上に何の変化をもたらすことなく逃げ切れると本気で思っていたならサッカーを分かっていると認めたくありませんね。

このように打てる手を打たず、勝てる試合、引き分けで終われる試合を今まで何度落としたことか・・・。監督力の拙さで”また”勝ち点を失ったんです。それも非常に重要な試合の勝ち点を。

ホントに選手たちが可哀想ですよ。。。

【以下は独自採点】

23  佐藤智  4.5   本人的には精一杯のプレイだったと思う。しかし、1失点目はキャッチにいって中途半端に弾いているし、2失点目はキャッチできないなら弾くのはバーの上でなければならない。2つの判断ミスがそのまま失点に繋がっている。

10  小川   6.0   スペースへ出たボールに対し攻守両面で激しいチャージが出来ている。裏を取られる回数も少なく、サイドの守備はほぼ完璧だった。

3   道倉   5.5   安定したプレイでカバーリングなど良さは出せていた。エリア外でのスライディングを初めて見た気がする。

14  南    5.5   一時は逆転となるゴールを決め公式WOMに選出されたが、本職の守備では良さを出せていたとは言えない。簡単に入れ替われる場面が多く最後もそれで失点した。

5   杉山   5.5   アーリークロスを2,3本上げたが、いずれもノーマークの状態からで勿体なかった。もう一つ前に押し出してから上げた方が相手DFは絶対守りにくいのに。。。それに試合前の練習でも抉ってから上げてるじゃん!(苦笑)

7   高須   6.0   左右広範囲で守備に走らされながら懸命に捌こうとしていた。逆サイドにも数は少なかったが展開できている。CKからのアシストは期待通りで素晴らしい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NGUラブリッジ名古屋
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

FC東京U-18 - 流通経済大柏高(U-18プレミアリーグEAST第11節)【舞浜宣言】

グランパス視点の天皇杯 MIOびわこ滋賀VS関西学院大学【赤の血潮と、青の魂】

グランパス視点の天皇杯、札幌VS筑波大【赤の血潮と、青の魂】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:356
  • 累計のページビュー:2246192

(08月22日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  4. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  5. 外れる2人、入る3人
  6. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  7. 大谷翔平<ジョニー黒木
  8. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  9. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ
  10. アギーレの後任に相応しい人物とは!?

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss