球マニアのBLOG

NGU名古屋FCレディースvsJAPANサッカーカレッジレディース チャレンジリーグ順位決定戦第1節

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋FCL 3-1 JSCL

9~12位を決める順位決定戦の初戦。残留をかける一戦は初めて対戦する相手でしたが、前半16分までに2点を先制し、その後1点を返されるものの、後半立ち上がりの猛攻を凌ぐと終了間際にはダメ押し点を奪って狙い通り勝ち点3をGetできるという”会心のゲーム”だったと思います♪

一言でこの試合を評するなら『良い準備ができたな』という印象です。

スタメンの11人はリーグ戦を主力として戦ったメンバーながら、多少のポジション入れ替えをしてましたがこれが非常にスムーズでした。北川が先制点を獲ったことが象徴してますが、小川、代田、佐藤亜などもそれぞれ良さを出せていたと思います。

そして、チーム全体で非常に良かったのがスローインです。

スローインについては、このブログで以前から指摘してきたように問題点が多かったんですが、この試合では2/3以上をマイボールに出来ていたように思います。『SBが投げ入れ、ボランチがダイレクトで前方へ』という約束事があったように思いますし、何より安易に後ろへ投げ入れることがなかったです。(多分1回もなかったはず)

更に、高須を筆頭に逆サイドを意識した展開もできてました。もちろん、全てが成功していたわけではないですが『通ればビックチャンス!』となる状況を目の当たりにしていた点は今後にも絶対生きてくるはずです。

とにかく初戦に勝ったことはホントに大きい!!次戦に勝てば文句なし、引き分けでももう1試合の状況次第では残留が決まるのでは・・・と思いますが、新潟医療は決して簡単な相手ではありません。1度だけしか見てませんが、勝ったその試合でも正直内容は相手の方が上でした。

リーグでの成績を鵜呑みにせず、もう一度良い準備をして目の前で残留を決めて欲しいと思います!つくばまでは行けないよ・・・(苦笑)

[以下は独自採点]

23  佐藤智  5.5   先制後にしっかりと時間を使ってキックへ移行していた点は良かったが、そのキックの精度はイマイチで改善は必要。試合前にキック練習を取り入れていたが、その日の調子や風などを掴むためにも継続して欲しい。

10  小川   6.0   久々の右SBだった割には高パフォーマンス!キーマンの平井には1得点を許したが、それ以外で長い距離のランニングなど十分プラスになっている。

3   道倉   5.5   安定したプレイで守備陣を統率。攻守の切り替えに関しては非常に意識が高かった。左足の精度UPは課題。

14  南    5.5   制空権は握れなかったが、前で潰すことも後ろへのカバーリングも非常に良かった。

5   杉山   6.0   ヘディングでのクリアがほぼ完璧。(低くても)高さ勝負で勝ちまくった!オーバーラップは一度切りもそのタイミングも完璧。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NGUラブリッジ名古屋
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

東京ヴェルディ - VONDS市原(天皇杯1回戦)【舞浜宣言】

[リオ五輪]女子サッカー ブラジルはメダル獲得ならず【ブラジルサッカーレポート】

《放送予定》8月20日 J2ツエーゲン金沢 東京V戦後森下監督、廣井・山藤・太田・辻尾選手インタビュー 北信越国体結果や県選手権決勝についても【情熱サッカー@kanazawa】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2283661

(10月23日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss