球マニアのBLOG

NGU名古屋FCLvs新潟医療福祉大 なでしこチャレンジリーグ第9節

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋FCL 2-1 新潟医療大

ホーム初勝利キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

立ち上がりから最終ラインが安定せず10分経たないうちに先制された時はどうなるかと思いましたが、相手の決定力不足と大島⇔道倉のポジションチェンジで持ち直すと1トップに入っていた代田がCKから頭で同点とし前半を折り返します。後半開始早々に左サイドから攻め込むとバイタルでボールを持った佐藤が中央へドリブルした後に右足一閃!スーパーミドルを突き刺して逆転します。その後は相手ペースに成りかけるも終盤にはコーナー付近でのキープまでやってチーム全員で耐え忍び、無事にタイムアップとなりました。

正直、内容は良くありませんでした(苦笑)

序盤からCBの間に走られ、そこへパスを通され、裏へ蹴られればオフサイドトラップが掛からず、といった状態で良く1失点で済んだと思います。攻撃についても、CBから相手DFラインの裏へ蹴るしかなく可能性を感じる攻撃はほとんどありませんでした。

最終的にはセットプレイとスーパーミドルで逆転しましたが、やはりもっと流れの中でチャンスを作りピンチを招かぬよう、せめてもっとマイボールの時間帯を増やせるようプレイして欲しいと思います。それには安易なバックパスを辞めること(前を向く、前に進む、前にパスすることを第一選択肢とする)、可能性の低いロングフィードを辞める(相手の陣形が整っているとこへ蹴ること、味方FWとアイコンタクトなしに蹴ることを辞める)ことでしょう。

残り6節。福岡と2試合、福島と1試合残ってます。自力で中位に上がれるんですよ。やるしかないでしょー!自信を持って!ボールは前に!『ボールを持ったら行けるとこまで行け!1歩でもゴールへ近づけろ!』ですよ♪

【以下は独自採点】

1   卯木   6.0   DFラインの出来の悪さも影響したと思うが、失点するまでの時間帯はハッキリ言って”らしく”なかった。自作自演のプレイもあったが、その後は持ち直し飛び出すタイミングも良くなってファインセーブも連発だった。前回も指摘したがキックは中央じゃなくサイドを狙って蹴るべき。

2   北川   5.5   攻守に於いて小川との連携は合ってきてる。最前線までプレスにいった場面もあったが、攻撃では時には中央寄りでプレイしてもいいと思う。

4   大島   5.5   オフサイドも取れなかったし最終ラインの統率が出来なかった。CBとしては散々だったがボランチでは一転素晴らしいプレイが多かった。球際激しく行けるし、先制点はこの選手の飛び出しで得たCKから。

14  南    5.5   立ち上がりはCB同士もSBとも連携が悪かったが徐々に持ち直した。ロングフィードを蹴るのはチーム戦術なのかもしれないが余りにも可能性が低い場面が多く、安易にボールロストして連続して受け身になる要因になっている。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NGUラブリッジ名古屋
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Sリーグ第13節(vsウォーリアーズ)S.League 13th leg, vs Warriors FC【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

ACLベスト8の組み合わせ決定!C2強はKと対戦【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

アモーレ【走れ!!ソニー仙台FC】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:399
  • 累計のページビュー:2184066

(04月24日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  4. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  5. 外れる2人、入る3人
  6. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  7. 大谷翔平<ジョニー黒木
  8. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  9. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ
  10. アギーレの後任に相応しい人物とは!?

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss