球マニアのBLOG

NGU名古屋FCレディースvsJFAアカデミー福島 なでしこチャレンジリーグ第5節

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋FCL 0-1 ac福島

今季初勝利を目指した第1クール最終戦でしたが、名古屋は実質の勝ち試合を落としてしまいました(涙)チャンスは(決定機も含め)名古屋の方が圧倒的に多かったんです。これはサポーターとしてもめっちゃ悔しい敗戦ですよ・・・。

名古屋はホーム戦に相応しい素晴らしい立ち上がりをしました。小川のオープニングシュートで主導権を握ると、その後もトップ下の佐藤に楔を入れそのポストプレイからDF裏へのスルーパスに2列目の3人が反応するというカタチで多くのチャンスを作っていきます。道倉をボランチに上げたことでより高い位置でボール奪取することもできていたし、両サイドの攻防に於いても良い連携を見せていました。

しかし、やはり前回同様に”焦り”が目立ちます。特にシュート、アシスト、インターセプト直後の場面ですね。これが得点力不足に陥っている大きな原因じゃないでしょうか?ここぞ!という場面は相手も必死になって止めに来ます。そこでそのままプレイするのではなく(これが焦ってるようにみえる)、キックフェイント1つ入れるだけで状況を一気に優位にできると思うんですが。。。中盤でのインターセプト場面などは観ている側も『よーしっ!!』となるわけですが、そこから一つ目のパスでミスが出ることも非常に多いですしね(苦笑)

それでも内容は良かったですよ。試合としては完全に名古屋が支配していたと思います。もちろんそれだけに悔しいんですが、試合は待ってくれず続いていきます。良い切替をして早く”このチーム”での初勝利を達成してほしいと思いますね。管理人も歓喜にわく選手たちを早く見たいと思ってますよ。

【以下は独自採点】

1   卯木   6.0   失点に責任はない。その前に決定機を阻止するなど高パフォーマンスを継続できている。キックに関しては中央へ蹴るのではなく、どちらかのサイドに味方を寄せてから蹴る方が良いと思う。センターサークル付近で跳ね返される場面が多く、そのままカウンターを受けゴール前のピンチに繋がっている。

2   北川   5.5   スローインに難がある。ほとんど味方に繋げてない。連携も含め何個かパターン化してもいいから行き当たりばったりは辞めるべき。それ以外は攻守において及第点。攻撃では中央でもボールを捌くなどやはり左より右のほうがプレイしやすそう。

4   大島   5.5   何度か裏へのパスに後手を踏む場面があったが最後は粘り強く守れている。カバーリングは得意なプレイだが、必要以上にオフサイドトラップの場面で残ってしまうことは修正が必要。

14  南    5.5   相手楔に対し後ろからタイトに行けるし、高さもキック力もあって良いCBだと思う。後はフィードをどれぐらい繋げるか。

20  松田   5.5   初めて観たが守備だけでなく、攻撃参加もまずまずあって良いプレイをしていた。課題はスタミナかな。

3   道倉   6.0   一列前に上がったことでチーム全体のラインが上がり、前でボールが獲れるようになっている。予想通り大きな影響力を持った選手ということ。個人のプレイとしては良いプレイと同じぐらいミスもあったが慣れてくればまだまだ出来ると思う。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NGUラブリッジ名古屋
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

横浜FC ユースアカデミー イギリス遠征!【THE ENGLAND FOOTBALL】

2-33 コーナーキックの事情 なでしこリーグ ベガルタL 2-0 浦和L【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦2部 前期第6節 対明学大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:958
  • 累計のページビュー:2304339

(12月17日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss