球マニアのBLOG

浦和レッドダイヤモンズLvsINAC神戸レオネッサ なでしこリーグ2016第6節

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和L 1-4 INAC神戸

神戸が逆転勝ちで2位浮上です。この試合の神戸は中盤での守備が非常に良かったです。FWが限定した先を取りどころと定め、複数の選手が囲んで奪うといった連携が多く見られました。浦和は意図するビルドアップができなくなり、時間とともに白木にロングボールを蹴ることしかできなくなっていきましたからね。

それでも、流れの中から得点の可能性が高かったわけではありません。カウンターではダブルボランチにしている弊害なのか、攻撃に掛ける人数が少ない場面が何度か見られます。以前は澤に守備を任せられたため攻撃的MFを2人置けましたが、今はFWの1人が下りて起点になるか(これだとゴール前が手薄になる)、サイド攻撃かなのですが、ここでは川澄が1人で局面を打開できなくなってきてるのが大きいですね。

いずれにせよ、杉田かチョ・ソヒョンのどちらかがバイタル、もしくはエリア内で仕事をするようにならないと流れの中での攻撃力は上がっていかないと思われます。もちろん杉田に期待したいし、中島なら最初からそれが出来るんですけどね。

最後に浦和Lについて少し。ちょっとサッカーになってませんね。

個々の能力は間違いなく高いと思うし、場面ごとに個人での頑張りは見られるんですがそれが繋がってない感じがします。特にヘディングでのクリアがほぼ100%相手ボールになってしまっていたのが気になりました。白木へのロングボールを繰り返したことといい、ちょっとチーム内での信頼関係が崩れてるというか、他人任せなプレイの連続のような感じがしましたね。

今季スタートから見てるわけではないので後藤(チームの精神的支柱)と筏井(プレースキッカー)をベンチスタートにしていた理由は分かりませんが、本来なら苦しい時こそ頼るべき2人だと思うんですがね・・・。

[以下は独自採点]

1   武中   5.5   風下の後半はキックの精度を欠いたが終了間際にはファインセーブで追加点を阻止。

2   近賀   6.0   前半は自嘲気味も後半は今季の好調さを維持していることを示す高パフォーマンス。ホントにここまでエリア内に侵入できるSBは少ない。

17  三宅   6.5   カウンターに注意を払いながらも前で潰す守備は健在。ゴールも見事だった。

4   田中   7.0   本来の特徴である『相手ゴール前での勝負強さ』を久々に見た。守備でもほぼ完璧。

3   鮫島   6.0   今季はホントに攻撃的な姿勢が目立つ。アシストになったクロスの質も良かった。

16  ソヒョン 6.0   武器である守備より攻撃での貢献が多かった。意外な形でのシュートも打てるんだな。。。

18  杉田   6.0   相手をいなすプレイは相変わらず上手い。守備もかなりタイトにいけるようになっている。後は決定的な仕事に期待。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

浦和レッドダイヤモンズLvsINAC神戸レオネッサ なでしこリーグ2016第6節

>No.20さん
再びのコメントありがとうございます。反応遅くなってすいません(汗)
管理人も岸川の代役に乗松はアリだと思ってます。右SBの問題が解決されるならですが。

別のチームですが高槻はFW丸山をボランチにコンバートしてから勝てるようになっている気がします。やはりこのポジションが安定することが女子サッカーでは非常に重要なんだと改めて思います。

浦和Lもポジションによっては人材が被ってますし、コンバートも含めて早めに適任者を探せればでしょうね。

「浦和レッドダイヤモンズLvsINAC神戸レオネッサ なでしこリーグ2016第6節」へのコメント

守備的ボランチの役割なら栗島がかなりいい働きをしています。ただ負担が大きいためか90分の出場はなく(開幕戦も脚痙攣で途中交替、すごくいい出来でしたが)、ビハインドの場面では交替候補の一番手扱いになってしまっています。
今年の新人の木崎という選手が同じタイプなのですがここまでベンチ入りはなし(TRMを観る限りでは使ってみてもよいと思うのですが)。これまでの実績で考えるなら、乗松のボランチ起用が効果的だと考えています。どこでもできるのが売りの選手が去年から右SB起用されていますが、守備力が高くサイズもあり、ミドルも十分狙える力があるのでうってつけかと。空いた右SBはU17優勝メンバーの遠藤優や開幕から起用されている塩越もTRMではSBをテストされていたので、替わりがいないわけでもないのですが。
筏井は左SH起用の際は中に切れ込んでシュートというプレーも狙ってほしいです。中に切れ込んでシュートということであれば北川の右SBも面白いと思うんですよね。SBでは守備の負担が大きく感じられるので、攻撃力を生かす意味でも一つ前の位置が現状のベストのように感じられます(左SBは臼井)。

浦和レッドダイヤモンズLvsINAC神戸レオネッサ なでしこリーグ2016第6節

>No.20さん
コメントありがとうございます。岸川の退団(守備的ボランチの不在)は少なからず影響すると思ったんですが、正直これ程とは思いませんでした。

高畑や柴田、白木などを筆頭にそれぞれ頑張ってる感は伝わって来るんですがねぇ。。。後藤は不調でしたか・・・。筏井はジェフではFWでしたが浦和ではご指摘通り左SHがハマるんじゃないかと。

でも、やっぱり勝ってないことからくる自信喪失感が強いですかね。じゃなきゃ、後半だけで4失点はしないと思います。なんとか1つ勝てば変わる気もしますが。

浦和レッドダイヤモンズLvsINAC神戸レオネッサ なでしこリーグ2016第6節

浦和側からコメントさせていただきます。

前回のホームゲーム(vsコノミヤ)と比べたら今回の方が内容は良かったです。味方のミスも
周りがカバー、何度か決定機を作られながらもゴールは割らせず、集中力の高さは感じられました。
ただ、それが最後まで続かずに結局は4失点でしたが。

個人的な見解ですが、管理人さんの疑問に対して。
精神的支柱ならDFの高畑もその役回りです。後藤が不在なこともあり、ゲーム中は終始声を出して
いました。後藤は昨シーズン途中からあまり状態がよくないように見えます。
筏井についてはもっと出場時間が長くていいと思っています。ただ、最近は出場してもボランチ起用
でそれが個人的には不可解です。前所属ではFWだったはず。得点力不足の現状にあってはFWまたは
SHで起用すべきと思うのですが(吉良も両脚テーピングで満身創痍の様子ですし)。

今シーズンは相手DFラインの裏にボールを出してFWを走らせるのを狙いとしてやっているようですが、
それが攻撃の単調さを招いているように見えます。シュートもPA内のみでミドルシュートはほぼなし
(岸川の不在が効いているボイントの一つに感じます)、サイドからのクロスも相手に中を固められて
なかなか決まらず。

まだまだ書きたいことは多いのですが、終わらなくなりそうなのでここで止めておきます(笑)。

こんな記事も読みたい

連戦の初戦は白星発進。滋賀戦で勝ち越し狙う(- 奈良クラブ=日本フットボールリーグファーストステージ第9節)【舞浜宣言】

2-32 コーナーキックの事情 なでしこリーグ 浦和L 1-4 I神戸【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

借金返済&得失点チャラ!【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:399
  • 累計のページビュー:2184066

(04月24日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  4. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  5. 外れる2人、入る3人
  6. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  7. 大谷翔平<ジョニー黒木
  8. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  9. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ
  10. アギーレの後任に相応しい人物とは!?

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss