球マニアのBLOG

NGU名古屋FCレディースvsバニーズ京都SC なでしこチャレンジリーグ第3節

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋FCL 0-1 バニーズ京都

チャレンジリーグ2年目に挑む名古屋FCLのホーム開幕戦です。

オフに大量の選手入替があって(残念ながら主力選手の退団も多かった・・・)今季もまたイチからのスタートとなりそうですが、個々のレベルは高い選手たちが集まってきてくれたと思います。少しでも早くお互いの特徴をつかみ、チームとしてやること(戦術)が固まってくれば昨季を上回る内容のサッカーにも期待できそうです。

ここまで1分1敗ですが、昨年もシーズン初勝利はホーム開幕戦。大いに期待して生観戦に出かけました。

スタメンの11人は半分以上が初めて見る選手たち(苦笑)昨季はフル出場し完全な主力だった大島はベンチスタート、今季キャプテンの杉山や攻撃の軸だった今井はベンチ外と正直ちょっと寂しかったですね(泣笑)それでも、力が分かっている道倉以外の新戦力もスタメンに恥じないプレイ振りだったと思います。

特にGK卯木は良い意味で驚きでした。高さはありませんが総合的に結構レベルの高いキーパーだと思います。3試合連続で失点してますが、1試合の中で大崩れしないよう心掛けてこれからもプレイして欲しいと思いますね。

卯木だけでなくチーム全体で守備ではそこそこ頑張れます。ただ、相手キーマンの松田、澤田へのアプローチは終始甘かったと言わざるを得ないし、もっと予測した守備が出来るようになればセカンドボールも今より多く拾えるはずです。そこからの攻撃ではまず”落ち着くこと”ですね。マイボールになっても焦ってしまって、ただ蹴る、味方と全く合わない場所へパスする、というシーンが多いです。ビルドアップとまでは言いませんが、もうちょいマイボールの時間帯を増やさないとこれからの季節は今日以上にきつくなるはずですしね。

GWは昨年同様に合宿でしょうか?連携面を深めることはもちろんですが、ちょっとチーム内に怪我絡みが多いような気がします。途中交代になった代田もハムストリングなら長引くかもしれないし、これ以上は怪我人が出ないことを願ってますよ。

【以下は独自採点】

1   卯木   6.0   初めて観たが個人的にチームWOM。コーチング良し、飛び出す判断良し、キックも良し、守⇒攻への切替もまずまず。去年プレイできなかったのが不思議なぐらい良いGKだと思う。今日の失点は仕方ないし、パントキックをもう少し低いライナー性で蹴れるようになるともっと良くなる。

17  伊藤   5.5   SBらしくないかな・・・ってのが第一印象。テクニックありそうだし、ショートパスの出し方なんかを見てるとボランチとかでも良さそう。オーバーラップはなかったが、何度か突破されながらも粘り強く守れていた。

3   道倉   6.0   さすがの安定感。細かいミスはあったがここを崩されるような雰囲気はなかった。注文を付けるならもっとリーダシップを取って欲しいかな。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NGUラブリッジ名古屋
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

柏の葉で念願の初勝利。連勝で順位も一桁突入(- FCマルヤス岡崎=日本フットボールリーグファーストステージ第7節)【舞浜宣言】

荻原軍団【走れ!!ソニー仙台FC】

ACL初出場でいきなりグループ突破!上海上港【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2168271

(03月28日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  4. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  5. 外れる2人、入る3人
  6. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  7. 大谷翔平<ジョニー黒木
  8. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  9. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ
  10. アギーレの後任に相応しい人物とは!?

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss