球マニアのBLOG

藤枝順心vs神村学園  第24回高校女子サッカー選手権決勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤枝順心 3-2 神村学園

「順心No.1っ!!」キックオフ前に行う円陣の掛け声通りに藤枝順心が逆転勝ちで優勝となりました。9年ぶりというのも、2度目というのも意外な気がしますが、この試合はエースの児野が万全でない中、決勝点を1年生が挙げるあたり周りのタレント力もやはり大会随一だったということでしょう。

それでも、90分を通して高パフォーマンスを発揮し続けた選手はいないチームだったように思います。膝の痛みで尻つぼみになっていった児野を筆頭に、長短のパスで攻撃の起点になっていた福田ゆいも、最終ラインで冴えのあるインターセプトを繰り返していた奥津も、2得点1アシストと結果を残した肝付でさえ消えてる時間が短くなかったですからね。来年のチームは決勝点を挙げた安部、ワントップを張り続けた岩下の成長と福田ゆいの飛躍にかかってくるでしょう。

対する神村学園は開始直後の失点にも浮足立つことなくすぐさま同点とすると、前半のうちにもう1度あったチャンスを確実に決めきった辺りに運の強さを感じてました。正直、児野がこれだけ不調なら十分逃げ切ると思ってましたね。ただ、後半に入るとすぐに順心の攻撃を跳ね返す方法がただ蹴るだけになってしまってました。あんなに早々とマイボールの時間を放棄してしまってはいくら粘り強く・・・といっても耐えきるのはムリですね。解説の大竹さんは頻りに10番の園田を推していたんですが、実際にはその片鱗は観れなかったです。園田が本来のプレイで前線に君臨できていれば跳ね返していくだけでも順心にプレッシャーをかけられたかもしれないですがね・・・。

いずれにせよ、コンディションや時間帯、点差など状況判断をしながら柔軟に戦った順心と得意のセットプレイを披露するまでに至らなかった神村には差があったと思います。交代枠の使い方(順心は途中交代の選手を最後に下げる采配をしたが、神村は交代枠を使い切れてない)からしてもベンチ入りした全ての選手を含む「チーム力」という点で順心に分があったということでしょう。

今大会は去年の八坂や杉田、白木らと比べるとちょっとスケール的には物足りなかったかな。児野は日体大らしいですが、2部では1年目から違いを見せて欲しいと思いますね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
女子サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

星稜 東福岡 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

選手権に延長戦の導入を【This is sports】

浦和に行ってきた【北陸ダービーが見たい】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:574
  • 累計のページビュー:2168271

(03月27日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  4. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  5. 外れる2人、入る3人
  6. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  7. 大谷翔平<ジョニー黒木
  8. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  9. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ
  10. アギーレの後任に相応しい人物とは!?

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss