球マニアのBLOG

Fリーグ2015-2016順位予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

どこよりも直前過ぎる順位予想になっちゃいました(笑)

今期のFリーグはスポンサーが変わったリーグ自体や各チーム、各選手、メディアからも「Fを盛り上げたい!」という思いがSNSを中心に多く伝わってきます。

第1弾としてナオト・インティライミさんを迎える開幕戦の盛り上がりは間違いなさそうですが、大事なのはやはり良い試合、面白い試合、観客がまた来たい!と思える試合をどれだけできるかでしょう。

名古屋の9連覇を信じつつ、まずは各チームがPO進出を目指す今シーズンの順位予想をしてみました。

1位   名古屋オーシャンズ

代表主力の渡邉と代表候補の白方、このレベルの選手を放出した割には補強が地味。ここ数年は抱える戦力が縮小傾向であることを否めない。それでも8連覇してきた勝者のメンタリティは他チームが持たない絶対的な武器。シンビーニャの早期復帰と吉川の海外移籍がなければ今シーズンもPOへ1位通過は間違いない。(吉川の海外移籍が実現してしまう場合は、当然それなりの補強が絶対条件となる。例えば辺見ラファエル!)

2位   フウガドールすみだ

退団選手による影響は最小限に抑え、西谷と渡井という実力者を補強できたことはプラス。更に経験豊富な稲葉、GK清家を獲得できたことが超プラス。チームはもちろん、須賀監督がFリーグを経験したことによる積み上げにも期待したい。昨年POへ進出した大分、浦安、大阪あたりの補強が心もとないため、ここはフウガにリーグを盛り上げてもらいたい。

3位   バルドラール浦安

稲葉と完山の2人が退団したが、星、小宮山、高橋、藤原、荒巻などのチームの軸は変わらず。米川監督が指揮していたサテライト時代の選手も増えてきて戦術に戸惑いがないのは強み。。ただ、現状では名古屋との差は大きく優勝争いに加わるイメージはない。現状を打破するためのキーマンはズバリ星翔太。この選手が30得点以上し、森岡と得点王争いをするぐらいの活躍をすれば名古屋の対抗馬になってくる。

4位   府中アスレティックFC

渡邉、完山、永島と補強レベルではフウガと1,2位を争う。しかし、このチームの課題は昨シーズン100失点以上した守備。その点で、将来性あるフィクソ(田村)を放出したことは思いのほか痛手かもしれない。ただ、昨シーズン名古屋に次ぐ得点数を挙げた攻撃力が更に上げられるのなら守備をそれほど改善できなくてもPO進出は間違いない。

5位   エスポラーダ北海道

ストーブリーグは唯一の無風といっていい。ここ数年1年ごとに成績が上下していることは気になるが、なんといってもGK関口の成長と共に守備には安定感があり計算が立つ。コンスタントに点を取っている水上を擁し昨年復帰した室田祐の存在も大きい。チームの強みが「走力」という点も大崩れしない予測ができ、PO進出には食い込んでくると思う。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Fリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

足立区イベントと須賀ちゃん結婚式と小豆沢個サル【フットサルチームZOTTの活動記】

OFF期間。【フットサルチームZOTTの活動記】

4月2日 マルトレイとの合同練習会【フットサルチームZOTTの活動記】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:275
  • 累計のページビュー:2282396

(10月11日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss