球マニアのBLOG

名古屋オーシャンズvsシュライカー大阪  FリーグプレーオフFinal

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋 4-4 大阪

名古屋は残念ながら今日の試合で8連覇を決めることができず、優勝の行方は昨年同様、第2戦に持ち越されることになりました。

当初の予想通り、大阪はPPを上手く使いながら試合をしましたが、決してそれだけではなく、すべての面で名古屋対策をバッチリしてきた、そしてそれを着実にやり切った感じでした。対する名古屋は試合勘の鈍さから(真剣勝負から遠ざかったから)なのか、大阪のPPでリズムに乗り損ねたのか、エンジンがかかるのが明らかに遅かった印象です。

正直、ウォーミングアップの雰囲気が全く違ったんですよね。大阪の選手はキレのある動きを意識的に繰り返していたように感じましたし、全員が非常に気合の入った印象でした。練習にも関わらず、シュートを外した選手が一瞬頭を抱えて悔しそうな表情まで見せたんですよ。名古屋も決して悪かったわけではないですが、いつも通りだった名古屋と、始めからギアを挙げて試合に臨んだ大阪の差は小さくなかったと思います。

さて、まずは名古屋の1st

GK 19   篠田

FP 5    星

FP 11   セルジーニョ

FP 13   渡邉

FP 14   ペドロ・コスタ

久々に見に来たので最近の詳しい情報はないんですが、正直2stのようなスタートだと思いました。大阪は通常の1stだったと思いますが、森岡が出てこなかったので村上を含めてあっという間にセット交代しましたね。

試合は前半7分。名古屋CKからマティアスが蹴り込んで先制すると、大阪は早くもPPを織り交ぜながら反撃。10分にはGKを含めたパス回しからキレイに崩し、ヴィニシウスが決めて同点とします。11分。名古屋はロングボールを右サイド渡邉が収めると中央へ入り込んできた八木が蹴り込んで突き放します。*この時、明らかに渡邉の手にボールが当たったんですが、審判はハンドを獲らず流しました。その後しばらく膠着状態が続きますが、追加点は大阪でした。カウンターから稲田が見事なループシュートを決めて再び同点とし2-2で前半を折り返しました。

後半に入り29分。名古屋は敵陣左サイドで森岡が村上とのマッチアップでしたがこれをワンツーで簡単に交わされます。村上はそのままドリブルシュートを蹴り込んで大阪が初めてリードします。更に大阪は33分。ここまで良く機能していた前プレからヴィニシウスが抜け出して追加点を奪い名古屋相手に2点差を付けます。対する名古屋はよーやくここから本気モードに!PPを仕掛けると26分にはセルジーニョ、続けてショートカウンターから森岡と3分としないうちに同点にしてみせます。その後も両チームともゴールを目指しますが、結局スコアが動いたのはここまで。同点のまま試合は終了し、明日が文字通りの最終戦となりました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
名古屋オーシャンズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

地域チャンピオンズリーグの結果と来期に向けてのセレクション【フットサルチームZOTTの活動記】

フットサルフェスタとRAIZの東京2部昇格と地域チャンピオンズリーグ【フットサルチームZOTTの活動記】

新潟遠征とフットサルフェスタ【フットサルチームZOTTの活動記】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:124
  • 累計のページビュー:2163116

(03月24日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  4. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  5. 外れる2人、入る3人
  6. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  7. 大谷翔平<ジョニー黒木
  8. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  9. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ
  10. アギーレの後任に相応しい人物とは!?

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss