球マニアのBLOG

豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選

このエントリーをはてなブックマークに追加

豪州 1-1 日本


1つの笛に一喜一憂し、ジリジリと迫りくる緊張感、・・・
日本のチャンスが潰えると頭を抱えて天を仰ぎ、相手のシュートが外れると前かがみになり胸をなでおろす、・・・

1つの山場ではあっても、ホームで連勝し得失点差9を稼いでいる今、GL最大のライバルである豪州とのアウエー戦は「絶対負けられない試合」では決してない。

それでも、この試合の感覚は紛れもない“最終予選”だった。

管理人は前回ブログで「次戦はあえて内容を問う」と書いたわけだが、「絶対に負けられない試合」ではない以上、この試合は世界での現在地を知るために、“腕試し”をするには格好の相手、シチュエーションであったと思う。

日本の戦い方は立派だったし、過去のアウエー戦と比べても非常に満足度の高い内容だった!

堅い守備をこじ開けた連動した連続攻撃や先制後、即追加点を狙いに行く姿勢や、ロスタイムまで引き分けで良しとしなかった遠藤の縦パスなどはサポーターとして誇らしい。

判定がどうあれ結果引き分けたこと、数的優位の時間帯を最大限有効活用できなかったことは今後の成長のための課題でいい。

とにかく、いい試合だった。
南アW杯では当事者(国)同士でなければ「最低」と言われる試合をした日本だが、この日豪州との試合は第3者が見ても楽しめる内容だったと思う。それだけに審判のレベルだけが残念だった(苦笑)

試合後に監督、選手が口々にした「3試合で勝ち点7は悪くない!」は誰もが認めるとこだろう。そして、“誰もが認める”とは内容も伴った結果だったということだ。

この先も大いに期待したい!


以下は独自採点。

1   川島  6.5  相手のロングボール戦術にDFが苦しむ中、最後の砦として安定していた。
6   内田  5.0  PKの判定は気の毒。それ以外では良くやっていた。クロスバーを遙かに超えるシュートは前回同様なので修正して欲しい。
16  栗原  5.5  先制点に退場にと判定が難しい^^;
15  今野  5.5  対処はしていた・・・が、やはりロングボール戦術に対しては不安いっぱい。
5   長友  6.0  かなり攻撃に絡んでいけた。ヘディングの競り合いは全敗だったと思うが^^;
7   遠藤  6.0  最後の最後に本田へ出した縦パスは非常に価値のあるプレー。
17  長谷部 5.5  豊富な運動量でコンディションは戻ってきていた。ミドルシュートが欲しかった。
9   岡崎  5.5  相変わらず得点匂いがするので良い。守備でもかなり利いていた。
4   本田  7.0  足りなかったのは得点だけ。公式では3試合連続のMOMかな?
10  香川  6.0  キレていたがシュート、得点が欲しかった。豪州DF陣に苦労してるということはマンUでの活躍が保証できなくなる。
18  前田  6.5  前半8分。中盤でボールを受けキープしタメを作ったプレーがチームを救った。立ち上がりに押し込まれ「打ち合い」という本来の姿を見失っていた日本はあのプレーで「我に帰れた」。

交代枠
21  酒井  5.5  同点の状況で入り自分の持ち味である攻撃力を発揮しようと務めた。が、GL最大のライバルにアウエーでの引き分けは○ということが頭に入っていたかは疑問。若さ、勢いは大事だがもろ刃の剣とならないで欲しい。
8   清武  -  最後にシュートを選択もそれ以外が採点不能。
2   伊野波  -  採点不能

ザッケローニ監督  6.5
数的優位の時間帯をもっと有効に使えたはずだった。同点に追い付かれた後もどちらかと言えば豪州ペースだったことは反省して欲しい。
それでも、交代枠の使い方は完璧だった。次戦まで間が空くが過去に招集したというだけでなく、是非現メンバーに刺激を与える選手を招集して欲しい。個人的には闘莉王だと思う。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー日本代表(A代表)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選

>ds1さん
コメントありがとうございます。返信が大変遅れて誠に申し訳ないm(__)m
香川に対する厳しい評価は期待の裏返しだと思います。「もっとできたはず」という点では同意見です。

豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選

う~ん、今日の香川で6は無いですね。

個人技というか、収めるという最低限の仕事はしましたが、+をつけるところがない。
内田はもっと上でもいいでしょう。長友よりも間違い無く良かったですし、酒井に変わった途端、右は攻撃が停滞した上に、ガンガン裏をつかれだしたので。岡崎とあってなかったですね。清武が入ったのはそれもあったんだと思います。多少改善されたんで。

今日の代表でワーストは香川だったと思います。もっともっと出来るはず。

豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選

う~ん、今日の香川で6は無いですね。

個人技というか、収めるという最低限の仕事はしましたが、+をつけるところがない。
内田はもっと上でもいいでしょう。長友よりも間違い無く良かったですし、酒井に変わった途端、右は攻撃が停滞した上に、ガンガン裏をつかれだしたので。岡崎とあってなかったですね。清武が入ったのはそれもあったんだと思います。多少改善されたんで。

今日の代表でワーストは香川だったと思います。もっともっと出来るはず。

こんな記事も読みたい

オーストラリア戦とカリル・アル・ガムディさん【サッカー的な散文】

日本、上出来な3連戦だった【地球は青い!】

3戦で 勝ち点7は まずまずだ【真・浦和蹴球淑女団】

ブロガープロフィール

profile-icondgs_blog

[人物]フットボールをこよなく愛すが根は野球人。仕事と家族サービスの合間をぬってせっせとマッチレポ中心に書いてます。
  • 昨日のページビュー:4441
  • 累計のページビュー:2295500

(11月16日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 豪州vs日本  ブラジルW杯アジア最終予選
  2. フランスvs日本  国際親善試合
  3. 日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦
  4. U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝
  5. U23日本vsU23サウジアラビア  リオ五輪最終予選GL第3戦
  6. 外れる2人、入る3人
  7. 3バックの導入と岡崎、本田の生かし方
  8. 大谷翔平<ジョニー黒木
  9. なでしこJAPANvsカナダ  国際親善試合
  10. 五輪日本代表vs五輪ニュージーランド代表 キリンチャレンジカップ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss