calcioに魅せられて ♯02

対オーストラリア戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

まず日本代表おめでとう。それからハリルホジッチにおめでとうと言いたい。魂こもった熱い試合を選手たちは見せてくれたし、常に球際でファイトしていた。一致団結という言葉が今回の代表には適切であろう。このような大事な試合でも選手たちのメンタルが揺らがなかった点は素晴らしい。

ゲームの中身についてだが、勝つべくして勝った内容と言えるだろう。ハリルホジッチはオーストラリアを良く研究していたというがそれに値する戦いぶりであった。システムは4-3-3。オーストラリアのポゼッションに対し日本は徹底したプレスにショートカウンターで対抗する。前線からプレッシャーを掛け、相手の自由な時間を奪う日本。良くオーガナイズされたプレス、的確なラインコントロールにオーストラリアのポゼッションサッカーは成すすべがなく散っていった。戦術勝負はハリルホジッチの圧勝と言っていいだろう。

選手にフォーカスしてみると特に際立っていたのが中盤のインサイドの2人、井手口と山口だ。豊富な運動量を武器に攻守に存在感を放っていた。この2人に追いかけ回され迫られる、相手にとっては悪夢という他ないだろう。彼らの持つ特徴、資質を鑑みれば適材適所という言葉がピッタリだ。この度の戦いで日本チームがここまで機能したのはこの2人によるところが大きい。それくらい卓越したパフォーマンスであった。

今回の試合でハリルホジッチは自信を深めたことだろう。4-3-3を基盤としたカウンターサッカーは十分成り立つと。これは大きな収穫である。今後は違ったオプションも模索していくはずだ。日本サッカーは着実に前進している。これからも代表の戦いを注視していこう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

‘脱ポゼッション’に成功したハリル・ジャパン【スポーツ えっせい】

オーストラリア戦(H)の採点【「読裏クラブ」のワンツー通し】

ロシアに行ける【サッカーを楽しく観よう】

ブロガープロフィール

profile-icondessan0927

よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:0

(09月02日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

月別アーカイブ

2017
09
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss