中原の鹿

J1 第五節 ジェフユナイテッド千葉戦@カシマスタジアム

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム千葉戦。スタジアムは快晴。
暑いくらいの陽気の中14:00過ぎキックオフ。

スタメン。
GK 21 曽ヶ端準 
DF 2  内田篤人 
DF 3  岩政大樹 
DF 4  大岩剛 
DF 7  新井場徹 
MF 15 青木剛 
MF 40 小笠原満男 
MF 8  野沢拓也 
MF 11 ダニーロ 
FW 18 マルキーニョス 
FW 9  田代有三 

GK 1  立石智紀 
DF 4  ボスナー 
DF 3  斎藤大輔 
DF 13 市原充喜 
MF 39 松本憲 
MF 6  下村東美 
MF 15 中島浩司 
MF 23 楽山孝志 
MF 40 フルゴビッチ 
FW 22 米倉恒貴 
FW 18 巻誠一郎

鹿島は出場停止の本山に代えてダニーロ起用。怪我が心配された満男は出場してきた。いつもの4-4-2。
審判柏原丈二で嫌な予感。

前半。千葉は4-4-2で来た。DF右から松本、斎藤、ボスナー、市原、MFボランチ下村、中島、右に楽山左にフルゴビッチ、FW米倉と巻。米倉は中盤に下がるシーンも見られた。予想スタメン大外れ。
鹿島は立ち上がりから完全にボールを支配し千葉陣内で攻勢を続ける。しかし最後のところを体を張った千葉DF陣、ボスナー、斎藤らに防がれるという展開。流動的にポジションを替える中盤を千葉ディフェンスは捕まえられずボールはよく回る。サイドもえぐった内田のクロス、新井場のシュートなどチャンスを作る。
そんな中左サイド新井場のスローインを受けた田代が中央へドリブル。ペナルティエリアの少し内側やや右から右足を振り抜き先制ゴール。ファーサイドへ決めた。1-0。16分。
先制後も流れは変わらず10分後、今度は右サイドから野沢がダニーロとのワンツーで抜け出し中央へ。そこから鮮やかなスルーパスをエリア内のマルキーニョスに通す。マルキーニョスはDF1人を振り切って右足で強烈なシュート。GKの上を破りゴール。2-0。26分。
その後は、2-0となったこともあり、また天候もあり(暑い!)、消耗を避けるようなDFラインでのボール回しなどで時間を使いつつ前半終了。

後半はクゼ監督が動く。市原に代えて馬場、楽山に変えて苔口を投入。そして、フォーメーションは4-2-3-1のような形。DF右から松本、斎藤、中島、ボスナー、ボランチ下村、米倉、攻撃的な中盤に右から苔口、馬場、フルゴビッチ、ワントップ巻という布陣。右DF松本は上がり目だったし、中盤は流動的だったので、こんなかんじ、という参考程度。
2点ビハインドの千葉が攻勢に出る。2列目に入った選手がいい動きを見せだすと、受ける鹿島は、最初うまく捕まえきれずに、ミドルやサイドからの崩しに耐える展開。しかし決定機までは作らせず、逆にカウンターからダニーロ→マルキーニョスさわれば1点のシーンや、前半と同じような位置から田代が今度は左足でシュートなどチャンスも作る。
後半32分に鹿島はツートップを興梠慎三と佐々木竜太に代える。また、千葉はフルゴビッチを青木孝に代えより攻撃的にくる。交代から僅か2分後、早くも結果が出る。野沢の右からのコーナーキックをニアのダニーロが頭でそらす、飛び込んだ佐々木竜太が頭で押し込みゴール。34分、3-0。
その後は小笠原満男が中後に交代。きっちり守ってカウンターを仕掛ける展開。最後は野沢が左サイドを突破しグラウンダーのクロスを興梠慎三が合わせて4-0。40分。守ってカウンターの形とはいえ、前線での時間稼ぎなどしない、もっと点が欲しいという意欲が見える交代した2トップの積極的な攻めが続いた。
最後、ロスタイムで青木がよく分からぬ判定でPKを献上、1点を巻に返されたがそのまま4-1で勝利。鹿島はFW登録の4人が全て点を獲って、開幕5連勝を飾った。

以下雑感
・曽ヶ端安定。
・大岩政も安定。巻に中で仕事させていない。ただ大岩は危険なチャージでイエローをもらっている。結構危ない止め方もあったので気をつけたいところだ。
・篤人も好調継続。右からの突破、中への切り込みなどもよく、いいクロスも上げた。後半は守備で少しフルゴビッチにやられた面も。
・新井場は開幕からずーっといい。前半2回シュート。2回とも枠にいかずおしい。前半左サイドで完全に抜け出したところを倒されたのにイエローどころかファウルもなし。後半も驚異的な運動量で最後まで左サイドを疾走。
・満男、出て大丈夫なの?心なしか、運動量、攻撃参加、パス/FKの精度がいつもの水準ではなかったような。守備は効いていたし、ダニーロのポジショニングを指示したりもしていた。
・青木。PKは仕方ない。今日も驚異的な運動量で中盤を支えてくれた。
・野沢はアシスト2つ。トラップの技術が高いのと、パスを出した後の動き出しが相変わらず素晴らしい。今日はダニーロの分も守備に奔走していたように感じた。
・注目ダニーロはやはり本山ほどは守備で動けず、また、特に相手の出足も早い前半では前目でキープするのは難しい。何度もボールを失う場面が見られた。最後はガス欠気味ながら、キープやパスはスペースのできた後半も活きていた。キープもできるが、簡単に捌くこともでき、周りとのコンビネーションも良化している。攻撃面では及第点であろう。
・田代の1点目は素晴らしかった。こういう形のゴールを決めた田代はあまり見たことがない。まさにストライカーのゴール。ワンタッチゴーラーのイメージが強いが、こういう仕掛けができると、相手も田代をただの電柱とはみなせなくなる。調子も上がってきており頼もしい。
・マルキーニョスさすが。現在5ゴールで得点王。コメントが素晴らしい。
「(得点シーン?)イメージ通り。各選手の連携が取れているから点も取れている。他のFWも点を取ることで私自身のモチベーションも高くなり刺激になっている。(リーグ5点目について) 現代サッカーでは、FWに2つの役割が求められる。1つが攻撃参加、もう1つはチームの守備に貢献すること。それがFWには必要だ。私は今、そのことができている。他のブラジル人FWとは違うと思う」
まさにその通り。フッキあたりに聞かせてやるといいんじゃないだろうか。
・佐々木竜太、決定力を見せつけ今シーズンリーグ2点目。入ってすぐに取るのが凄い。
・興梠慎三、今シーズン初ゴールおめでとう。ドリブル中央突破など見せ場もあり。さらに上向いて欲しい。

千葉については、
・谷澤はどうしたのかな。見たかったのだが。
・苔口、馬場あたりは小気味のいいプレーをしており、将来的には楽しみがある。
・しかし鹿島相手に決定機というほどのものは作れていない。苔口のシュート、巻ミドル、フルゴビッチミドルとかくらいか。
・巻の相棒に生粋のストライカー、スコアラーが欲しいところだな。
・巻自体には怖さは感じなかった。
・守備陣も、警戒したほどには強くない。しかしボスナーというのは対人にはまあ強い。でかいし。
・後半始まってからすぐの攻勢は見事。クゼ監督はそういった修正能力は高いように思う。
・しかし基本形みたいなもんが無い様にも思う。まだまだこれから感。

FWのゴール揃い踏みは最高であった。佐々木、興梠は本物。柳沢が抜けたところに無理な補強をしなかったことにより、出番を得て、こうして点が獲れている。現時点ではうまく循環している。

主審丈二ということである程度あきらめてはいたが、マルキーニョスと大岩の2枚ですんだことをよしとするしかない。流す止めるの基準が不明確で微妙であった。正直、千葉のほうがストレスたまる笛だったのではないか。PKの場面は、青木がコースに入っててFWは何もできず、肩と肩をぶつけて転んだだけ。まあ後ろから見たらとられる可能性があるということだ。最後完封できず、残念であった。

ここから、ホーム北京、アウェイ浦和、ホームG大阪、アウェイ北京とACL、リーグとも前半戦最大の山場が訪れる。最高の結果でここまで来れたのは大きい。勢いに乗っていきたい。



---
2点目、映像で見たら篤人→ダニーロ→野沢→マルキで野沢のワンツーじゃなかった。失礼。

あと前半の千葉の布陣、3-6-1だってさふーん。私4-4-2とか書いちゃったよ。まあFWとした米倉がね、MF的な位置取りなのはいいとして、右SBと思ってた松本は右サイドMFだそうだ、テレビ等では。松本は、前半低めの位置でどう見てもフルゴビッチと同じ、サイドのMFとは思えなかったし、むしろ後半のほうがよく上がっていたように思えたのだが。

相手の布陣を見るのは難しい。単に見る目が無いという話かもしれないが・・・
フォーメーション自体にはさして意味は無いとは言われるが、自分が見て思ったのと違うとあれってなる。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合感想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

J1 第五節 ジェフユナイテッド千葉戦@カシマスタジアム

今日も仕事で録画観戦です。しかし去年の今頃とは雲泥の差で、安心して帰宅できるというか、、、。去年は携帯で結果チェックしてがっかりし、項垂れながら帰るみたいな状態でしたよ!!ちなみに録画はBSiで録りました。スカパーと違ってきっかり2時間で終わるので、監督インタビューやマンオブザ泰人が無いので物足りないです。

マルキ良いコメントしてますね~。ただマルキの持ちすぎ病というか独り相撲病が時々見られますので、レッズ戦やガンバ戦でプレスで取られて相手のカウンター攻撃のきっかけにならないように気をつけて欲しいです。あの強引さがマルキの武器でもあるんですけどね~。

J1 第五節 ジェフユナイテッド千葉戦@カシマスタジアム

初めまして。毎回すばやいエントリーに感服しつつ読ませてもらってます。自分もJリーグ元年から鹿島を応援してますが、今年ほどFW陣が頼もしく思えることはありませんでした(笑) 

J1 第五節 ジェフユナイテッド千葉戦@カシマスタジアム

スポーツナビでのJリーグ関連ページのブログジャンル読み込みを、従来の「サッカー」から、新設しました「Jリーグ」に変更しております。
Jリーグ関連記事は、ジャンル「Jリーグ」の選択をお薦めします。
但し、過去記事のジャンル変更はお控え下さいますようお願い申し上げます。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-icondesafio

性別:男
年齢:70年代後半生まれ
住所:東京23区
出身:茨城県日立市

J開幕からの鹿サポ。
年齢から、今は主にバックスタンド指定席から試合を見守る。
2009年もシーズンチケット確保。
  • 昨日のページビュー:32
  • 累計のページビュー:3049975

(02月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. カシマスタジアムグルメ特集
  2. 篤人の体調不良が心配でたまらない
  3. 鹿島の守護神 曽ヶ端準
  4. 小笠原満男という男
  5. 柴崎岳くん内定に思う
  6. 金古聖司の苦悩
  7. 命懸けた連覇 本山雅志
  8. 新潟戦に向けて 田代有三内田篤人に関する報道
  9. 再開
  10. 次の「史上初」を見つけに行こう。

月別アーカイブ

2011
04
03
2010
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss