プロ野球の魅力を語る

月別アーカイブ :2017年01月

落合GMを振り返る 3

 5位に沈んだ2015年。  そのシーズンに対するGMとしての役割は、シーズン前には一段落している。シーズン前までに考えた布陣をどう生かすかは、現場の首脳陣の仕事であるからだ。  世間では落合GMは、現場の采配にも介入できるかのような印象を持っている節があるが、振り返ってみると、実際にはオーナーのアドバイザーとしての役割にほぼ限定されていた。  2015年中盤以降、落合が監督であったなら、と考えてし......続きを読む»

落合GMを振り返る 2

 2014年のオフは、落合GMが1年間チーム状況やアマチュア野球を見て編成するということで大きな期待を持った。  ドラフト会議で、中日は、社会人と大学生ばかりを指名し、その数は9人に上った。ドラフト1位の野村亮介(三菱日立パワーシステムズ横浜)は、落合GMが高評価したということで大きな話題になった。 連投しても球威が落ちず安定感があることを評価し、単独での1位指名であった。  その他にも独特の投......続きを読む»

田澤ルールの撤廃を

 田澤純一が2016年12月にマーリンズと2年1200万ドルで契約を結んだ。年俸は約7億円ということで、田澤がセットアッパーとして一流の評価を受けていることがうかがえる。  マーリンズと契約する前、レッドソックスが2016年中にFA権を得る田澤と2017年以降の契約を結ばないという報道があり、田澤ルールが話題になりかけた。  もちろん、田澤は、大リーグで多くの球団が欲しがる投手である。2016年の......続きを読む»

清原和博のために、たけしが野球界に求めるもの

 12/29のテレビ番組『ニュースキャスター』では清原和博のインタビューが放映された。  巨人時代以降の番長清原ではなく、西武時代以前のキヨマーの姿が少し戻ってきていたのは印象的であったが、それ以上に注目すべきはビートたけしの発言である。  これまでのニュース、ワイドショーは、薬物依存で逮捕された者に対して、容疑者の段階から徹底的に叩き、社会復帰するのさえ困難なまで社会的制裁を与えるのが常であった......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:2795
  • 累計のページビュー:2246010

(04月23日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss