プロ野球の魅力を語る

月別アーカイブ :2016年11月

大谷翔平は王貞治や野茂英雄と並ぶ存在

 今年のシーズンオフで一番疑問に思っていたのは、大谷翔平が投手と野手のどちらでベストナインに選出されるのだろうか、であった。  まさかルールが改正されて両方同時に受賞できるようになっていたとは知らなかった。  プロ野球草創期ならいざ知らず、現代の野球で投手としても野手としても超一流というプロ野球選手が出てくることは、考えられてこなかった。投手として駄目だったから野手に転向という例は存在しても、投手......続きを読む»

危険なスライディング禁止に続いて防止策の発展を

 今月のセ・パ両リーグの理事会で、2017年から併殺防止の危険なスライディングを禁止する方向となった。  日本のプロ野球は、大リーグのルールを少し遅れて導入するというやり方を踏襲してきており、今回も、今年から大リーグで導入されたルールを模倣しての導入である。  大リーグは、昨年に姜正浩とテハダが相次いで危険なスライディングによって故障し、今年から危険なスライディングが禁止となった。  しかも、併殺......続きを読む»

又吉と福谷の先発転向は成功するのか

 中日の投手陣でこの冬、まず気になる投手と言えば、又吉克樹と福谷浩司である。  又福コンビとしてファンに親しまれる2人とも、この2年間は、リリーフで不安定な結果を露呈している。 又吉克樹  2015年 6勝6敗0セーブ、30ホールド、防御率3.36  2016年 6勝6敗0セーブ、16ホールド、防御率2.80 福谷浩司  2015年 3勝4敗19セーブ、4ホールド、防御率4.05  2016年 ......続きを読む»

大島と平田に望むこと

 大島洋平が残留を表明したのに続いて、平田良介も残留が濃厚と報道されている。2人ともFA宣言するのではないかと言われていただけに、ここ数日の報道が意外に聴こえるが、実際は、マスコミに踊らされていただけなのかもしれない。  中日の野手では、ここ数年でレギュラーと言えばこの2人しかいないので、残留してくれるとなると一安心である。  しかし、2016年は、中日が最下位に沈んだだけに、今年の成績のままで......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:130
  • 累計のページビュー:2231331

(03月24日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss