プロ野球の魅力を語る

月別アーカイブ :2016年10月

日本シリーズは第5戦が最も面白い

 日本シリーズで最も面白いのは、第5戦だと思う。  思えば、2007年の山井大介が完全試合寸前で岩瀬に交代という衝撃の試合も第5戦であった。  たまに第4戦で決まうシリーズもあるが、第5戦がないと日本シリーズの面白さが半減した気分になる。  今年の日本シリーズは、2勝2敗というプロ野球ファンにとっては最善のペースで第5戦に来た。  第5戦が面白いと私が感じるのは、どの球団も、先発投手を誰にするか......続きを読む»

黒田博樹の引退に違和感がなくなった

 黒田博樹が現役引退を表明した。  思えばこの2年間のプロ野球は、黒田博樹を中心に動いていたと言っても過言ではない。  2年前の日本球界復帰は、21億円のオファーを蹴って4億円の広島に復帰という常識では考えられない選択であっただけに、あのニュースは衝撃であった。そして、その漢気と、40歳になっても目の前の1試合に人生を賭けて投げる姿に感動を覚えた。  今年は、日米通算200勝と広島を25年ぶりのリ......続きを読む»

鈴木尚広が惜しまれつつ引退するのはもったいない

 巨人の鈴木尚広が現役引退を表明したのには驚いた。  鈴木と言えば、盗塁技術にばかり目が行く。外野の守備も、バッティングも巧かったし、本塁へ突入してセーフになる技術にも定評があったが、やはり200盗塁以上での史上最高盗塁成功率.829が圧倒的に印象に残る。  鈴木がトップに立ったことで2位になってしまった広瀬叔功は、通算596盗塁を残し、5年連続盗塁王にも輝いている。そのため、鈴木と広瀬を比較して......続きを読む»

大谷翔平の140回から規定投球回を考える

 今年の日本ハムは、大谷翔平の二刀流がリーグ優勝の原動力となった。投手としての成績も打者としての成績も超一流である。 投手:投球回数140、10勝4敗1ホールド、防御率1.86 打者:打席数382、打率.322、22本塁打、67打点、104安打、7盗塁  リーグ優勝への貢献度としては、2013年の田中将大に匹敵すると言っても過言ではない。  来年は、今年を超える成績を残すかもしれないので、今年の......続きを読む»

森新監督に期待したい大砲とエース級の補強

 中日の新監督は、森繁和ヘッドコーチが務めることになった。  マスコミでは、2軍監督の小笠原道大が有力視されていたので、てっきり森繁和はそのままヘッドコーチ留任と思っていたが、さすがに小笠原に現在の中日を任せるのは酷と判断したのだろう。  80周年を迎えた今年の中日は、リーグ優勝を目指しており、期待した選手が期待通りの働きをしてくれれば、優勝争いをできると思っていた。  ところが、ローテーション......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2264505

(05月29日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss