プロ野球の魅力を語る

月別アーカイブ :2016年06月

荒木雅博に見るスランプの難儀さ

 どんな優れた打者でも、スランプに陥ってしまうことがある。  2015年のイチローは、シーズン中盤から終盤にかけて深刻なスランプに陥り、打率.229という信じがたい低成績に終わった。  2004年には打率.372、262安打を記録したイチローでも、1割4分以上も落とす不振に陥ってしまうのだから、打撃は奥が深い。  イチローは、先日、前人未到のプロ通算4257安打を達成した打撃の達人である。日本でシ......続きを読む»

イチローの日米通算記録はピート・ローズと比較できるのか

 イチローの記録は、偉大すぎるがゆえに日米で議論になる。  2016年6月15日、9回の打席でイチローがライト線を破る二塁打を放って、ついに日米通算4257安打となった。  これにより、ピート・ローズの米通算4256安打を抜いて、日米プロ野球で最も安打を放った選手となった。  果たしてイチローは、ピート・ローズ以上なのか。日米の国民、マスコミの間で持ちきりの話題がこれだ。  しかし、異なる環境......続きを読む»

ビデオ判定のさらなる拡大を

 2016年から導入されたコリジョンルールが頻繁に話題になっているが、私が注目しているのは、それと同時に導入された本塁クロスプレーのビデオ判定だ。  関連する2つのルールがあると、それらをあいまいにまとめて評価しがちだが、まずは個別のルールをそれぞれしっかりと評価すべきである。  コリジョンルールでアウトかセーフかの判定は、ほとんどビデオで行うことになるため、混同されてしまうことが多いのだが、コ......続きを読む»

田島慎二の決断が野球人生を一転させる

 今年の田島慎二は、想定以上に好調である。  サイドスローに転向した2015年から復調の兆しが出ていたが、2016年は制球力が格段に向上し、球の切れも良くなっている。  2012年に田島が新人ながら30ホールド、防御率1.15という新人離れした成績を残したときは、浅尾に続いて岩瀬の後継者が現れたと喜んだものだ。浅尾と田島でセットアッパー、抑えを担っていけば、向こう10年間はリリーフに苦労することは......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2327651

(10月13日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss