プロ野球の魅力を語る

月別アーカイブ :2015年09月

1軍の公式戦で引退試合の是非

 シーズン終盤になってくると、今年限りで現役を引退する選手の情報が次々と入ってくる。  特に今年は、一時代を築いた選手の引退が相次いでいる。斎藤隆、西口文也、山本昌、小笠原道大、和田一浩、谷繁元信、谷佳知、朝倉健太、森本稀哲、平野恵一、小山伸一郎など。  今後も、まだ増えていくことだろう。  そんな中、往年の名選手が出場する1軍公式戦での引退試合に賛否が分かれている。  朝倉、小笠原、和田、谷繁は......続きを読む»

朝倉投手にはいつかコーチとして鉄壁投手陣を

 朝倉健太投手の引退試合は、涙の登板と胴上げによって感動的なものとなった。  絶頂期に血行障害によって、球威を失ってしまったのが、今となっては惜しまれるが、朝倉には、2007年の日本一をはじめ、いい思いをさせてもらった。  朝倉が2年間で25勝を挙げた2006年、2007年の中日は、中日の歴史上でも最強のチームだった。  エースとしての扱いは、常に川上憲伸ではあったが、エース級として朝倉、中田、山......続きを読む»

内川聖一の8年連続3割挑戦へ環境のサポートを

 内川聖一の8年連続3割挑戦が厳しい状況になってきている。  内川と言えば、2008年に右打者最高打率の.378を記録して一躍有名になった選手で、愛子様が内川ファンということでも知られる。  現在は、常勝軍団のソフトバンクで主に4番打者を務めている。  右打者最高打率を記録した2008年から7年連続で3割を打ってきた内川も、2015年は、9月19日現在で打率.287と3割まで1分3厘のところにいる......続きを読む»

あってはならない誤審を防ぐために

 あってはならない誤審が起きた。  9月12日の阪神×広島戦での誤審についてである。12回表に田中広輔の放った打球はセンターのフェンスを越えてスタンドに入っていたが、跳ね返ってグラウンドに戻ってきたため、インプレーで三塁打とされてしまった。  2010年から本塁打について、ビデオ判定が導入されているため、今回も当然ビデオ判定が行われたのだが、それにもかかわらず誤審となったのだ。  どうしてこうなっ......続きを読む»

史上初のトリプル35を達成してもらいたい

 今年、トリプルスリーが大きな注目を集めている。山田哲人と柳田悠岐が達成をほぼ確実にしているからだ。  前回達成した松井稼頭央が2002年だから、実に13年ぶりということになる。  3割30盗塁、3割30本塁打、30盗塁30本塁打でも困難なのに、3割30本塁打30盗塁となるとかなりの難易度となる。  これまで日本のプロ野球史でトリプルスリーを達成したのは、8人しかいないのだ。  改めて振り返ってみ......続きを読む»

前年度順位で決まってほしくないがために、代案を考えてみる

 セリーグは、9月7日の理事会で、3球団が勝率、勝利数、当該球団間の対戦勝率の合算で並んだ場合、前年度順位が最上位の球団がリーグ優勝になる規定を作った。  上位3球団が混戦となっているためだが、ここで前年度の順位が出てくることに大きな違和感がある。なぜそういう規定にしたかは、少し考えてみると見えてくるものがある。  前年度の順位を元に、現在の上位3チームを見てみると、阪神、ヤクルト、巨人が並べば、......続きを読む»

才能ある新人投手を守るためには対策が必要だ

 素晴らしい成績を残しているのだが、来年以降が心配になってくる選手が1人いる。  横浜DeNAでクローザーを務める山崎康晃投手だ。  山崎は、新人ながら9/5時点で既に54試合に登板して2勝4敗34セーブ、7ホールド、防御率2.06の成績を残している。  既に与田剛が持っていた新人の最多セーブ記録31を塗り替えて40セーブにも届こうかという勢いである。  しかし、最近では球威が落ちてきて打たれる場......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:168
  • 累計のページビュー:2325831

(09月21日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss