プロ野球の魅力を語る

月別アーカイブ :2014年11月

大島洋平の7400万円は安いのか

中日で大島と平田が契約更改で保留をして調停も視野に入れているとのことで、にわかに騒がしくなってきた。 平田は、成績を見る限り、規定打席に到達したのと勝利打点が多い、というのが主張に使えるが、世間では妥当な年俸との評価が多い。 平田は、プロ入団時、当時の落合監督が「オレを超える」とまで評価した逸材であり、現状のシーズン11本塁打で満足してもらっては困る存在である。年俸の大幅アップを主張して調停をする......続きを読む»

今後を占う育成選手契約切れを獲得する手法

各球団、選手獲得に奔走しているが、これまでの獲得ニュースの中で最も気になったのは、中日の亀沢恭平選手獲得である。 亀沢は、現在26歳。大学から四国アイランドリーグplusに入団し、遊撃手として活躍した後、2011年10月にソフトバンクから育成ドラフト2位の指名を受け、契約。 その後、ソフトバンクの2軍では活躍を見せるものの、選手を豊富に抱えるソフトバンク1軍の壁は高く、3年間という期限がある育成契約......続きを読む»

内野手は大リーグ移籍が大きな賭けとなる

いわゆるストーブリーグに突入し、今年のオフは、日本球界ナンバー1投手とも言える金子の動向や、大リーグではイチローや黒田の動向が注目を集めている。 そして、阪神の攻守の要である鳥谷の大リーグ挑戦は、日本球界を引っ張ってきた内野手として今後どういう選択を行うのか注目である。 昨今はアメリカ並に選手の移籍が活発になっていて、1990年代前半以前の終身雇用が基本だった日本球界が、年々アメリカ化してきた。 ......続きを読む»

ノーヒットノーランの陰で野手の存在感が薄い

2014年の日米野球第3戦で則本昂大、西勇輝、牧田和久、西野勇士の4人の投手リレーでノーヒットノーランを達成した。 則本も西もアマチュア時代は三重で活躍した投手であり、かつて、日本野球の草創期に活躍した沢村栄治、西村幸生という三重出身のエースを彷彿とさせる。 こうして三重出身の投手が活躍すると、どうして中日が獲得しなかったのか、と残念な気持ちが湧き上がってくるのだが、それだけ中央球界に名が通って......続きを読む»

球団への貢献度に応じた選手のサポートを

球史に残るエースとしての活躍を見せた投手は、その後、故障をしてしまっても、球団が回復を期待して何年も待ち続けてくれることがある。 たとえば、ソフトバンク(ダイエー)の斉藤和巳投手は、2008年以降、肩を痛めて公式戦での登板ができなかったが、球団は6年間復活を待ち続け、本人が引退を決断するまで続いた。 今中慎二も、1997年から肩の故障で苦しんだが、球団は5年間復活を待ち続け、本人が引退を決断するまで......続きを読む»

サファテの乱調から岩瀬を再評価する

日本シリーズは、やはり何かが起きる。 今年の日本シリーズは、中村晃のサヨナラ3ラン本塁打くらいが見どころだったのかな、と思っていたが、第5戦の最後の最後に物議を醸すシーンが起きた。 阪神の西岡が1死満塁で1塁ゴロを打ち、併殺打かと思われた瞬間、西岡にボールが当たってボールが転々とする間に、2塁ランナーが本塁へ突っ込み、同点と思いきや、守備妨害で試合終了というあっけない終幕となった。 阪神の和田監督......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2338458

(12月14日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss