プロ野球の魅力を語る

月別アーカイブ :2014年10月

戦力構想外の選手たちにもっと長い猶予期間を

この時期が寂しく感じるのは、かつて活躍した名選手が来季の戦力構想から外れ、退団を余儀なくされるニュースである。 かつて、一世を風靡した選手も、数年活躍しない時期が訪れると、ファンでなければ、その活躍すらも忘れ去られてしまいがちになる。 そして、退団する選手の中には、まだまだこれから活躍できるのではないか、という選手も数多く含まれているように感じられる。 今年のオフ、球団の構想外となった選手の中で、......続きを読む»

高校生0人、大学生3人、社会人6人のオレ流指名

今年のドラフトは、不作という下馬評が駆け巡っていたため、阪神の日本シリーズ進出の陰に隠れてしまった印象が強いが、こういった年こそ、各球団のスカウト力の見せどころである。 不作と言われていても、将来、チームの看板となるような選手は何人も出てくるわけであって、超大物と言われる選手以外のところで、プロで大勢できる素質をどこまで見極められるかが重要となってくる。 目玉選手であった有原航平は日本ハム、安楽智......続きを読む»

阪神が日本一になるには4連勝を狙うこと

クライマックスシリーズのファイナルステージは、リーグ優勝球団に1勝のアドバンテージがつくようになってから昨年までの6年間、セリーグは、常に1位のチームが日本シリーズに進出していた。 リーグ優勝球団は、1勝のアドバンテージがつくうえに、ホームで試合ができる。さらに、エースが第1戦から先発できるので、3番手以下から先発せざるをえないファーストステージ勝利チームに比べて、かなり有利である。 それでも、......続きを読む»

2011年ヤクルトの明日なき戦いをもう1度

ヤクルトの小川淳司監督が2014年限りで退任となったが、小川監督と言えば、記憶に残るのが2011年に見せた「明日なき戦い」である。 2011年のヤクルトは強かった。シーズン中盤まで首位を独走していたヤクルトは、打者もバレンティン、宮本、青木を中心にバランスのよい打線が出来上がっていたが、それ以上に強力な投手陣が揃っていた。 石川、館山の両エースを筆頭に、ローテーションには由規、赤川、増渕、村中がい......続きを読む»

沈没した船は、水面間近へ。2年目で浮上できるのか

勝つことは難しい。 2013年の中日:64勝77敗 借金13 首位との差22ゲーム 順位4位 2014年の中日:67勝73敗 借金6  首位との差13.5ゲーム 順位4位 チーム作りが1回のオフだけで何とかなるものではないということが明らかになった1年だった。 2010年、2011年とリーグ連覇を果たした中日も、中日OB中心の首脳陣に入れ替えた2012年、2013年と目に見えて地盤沈下を起こし......続きを読む»

四球攻めを防ぐ改善が困難である現実

見飽きた光景である。2014年10月4日の楽天×オリックス戦で首位打者を狙う楽天の銀次選手が5打席連続四球を受けたことについてだ。 試合前まで首位に立つオリックスの糸井選手が打率.331、2位の銀次選手が.326である。 糸井選手は、試合を欠場し、銀次選手は1番打者として先発出場。その時点で全打席四球という結果は見えていた。 日本では、伝統的に繰り返されてきた行為だからである。 私は、10年以上前......続きを読む»

オリックスは金子の残留交渉に全力を

本当に惜しかった。1996年以来のリーグ優勝が見られるのではないか、とかなり大きな期待をしたオリックスだったが、最後は、死力を尽くした末、力尽きたという印象である。 私は、1984年頃からプロ野球を見るようになって、まず応援し始めたのが当時の阪急だった。当時は、山田久志や今井雄太郎、佐藤義則ら個性的な投手陣がいて、野手陣もブーマー、福本豊、蓑田浩二、松永浩美といったこちらも個性的な選手ばかりだった......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:165
  • 累計のページビュー:2278605

(06月29日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss