プロ野球の魅力を語る

両チームがやってはならないことをし続けた試合の結末

このエントリーをはてなブックマークに追加

 引き締まった投手戦や壮絶な打撃戦も面白いが、両チームがミスばかりを犯し続ける試合もまた面白い。  しかし、問題は、面白いこと以上に、疲れがたまる。試合時間も長い。  2017年9月9日の中日×広島戦は、まさにミスのオンパレード。  どちらのチームも隙ばかりを見せ合うような展開で、どちらも負けてしかるべき試合だった。

 私は、たまたま観戦バスツアーに当選して、その試合をナゴヤドームで観た。  試合は、プロ初先発の中日三ツ間。緊張したのか、先頭の田中を四球で出す失態を犯す。すると、それを逃さない広島は、四番松山がセンター前タイムリー放って、理想的な形でリードを奪う。

 三ツ間は、2回にも8番野間を四球で出して、盗塁を許す。8番で切って次は9番の投手からといういい流れが作れない。しかも、9番の投手岡田にセンター前タイムリーを浴びる。出してはいけないところで四球を出し、打たれてはいけない投手に打たれる。  中日にとっては、もはや最悪の展開である。中日の負け試合だ。

 私は、この時点で中日の負けを確信したが、その後、広島も、様々なミスを犯していく。

 まずは2回の裏、岡田が投手の三ツ間を四球で歩かせてしまう。そして、京田にタイムリー二塁打を浴びる。さらには、亀澤のセカンドゴロを安部が失策し、中日が3-2と逆転するのだ。  これで、流れは、広島にとって最悪の展開となった。広島の負け試合だ。

 そんなどちらが負けてもおかしくない状況で三ツ間は、4-2とリードして迎えた5回表に先頭打者の田中を四球で歩かせる。しかし、盗塁失敗。  そして、次の安部も四球で出すが、盗塁失敗。  流れは、中日である。

 しかし、三ツ間は、あきれたことに、丸も四球で出してしまう。  そこで四番の松山が三塁打を放って1点を返し、4-3となる。  広島は、3点入っていてもおかしくない場面で1点に終わった。  もはや泥仕合の様相である。

 こうなると、試合を決するのは、エラーか一発か。  6回裏、松井がショートゴロエラーで出塁し、京田のレフト前タイムリーで5点目が入る。  ここまで来ると、さすがにエラーを重ねている広島が負けそうな気がしてくる。

 しかし、この試合は、一筋縄ではいかない。広島には、リーグ優勝のマジックが1桁という勢いがある。

 7回表、中日は谷元が3本の安打を浴びた後、岩本にストレート一辺倒の投球に終始し、3ボールにした後、5球目のストレートを逆転3ラン本塁打されてしまう。  これにより、スコアは、5-7。

 ここから広島は、自慢のリリーフ陣が機能してリードを守っていく。一方の中日は、8回にさらに2失点を喫して勝負の趨勢が決した。

 中日投手陣は、11被安打、11四死球。一方の広島も、5四球に、3失策。  こういう両チームにミス続出の試合は、チームの総合力が高く、勢いのある方が勝つ結果となった。

 中日も、かつての投手王国はどこへやら。11四死球なんてありえないし、ナゴヤドームで7~9回の2点リードを守れないのは落合監督時代にはほとんどなかったことだ。  平井・岡本・岩瀬、あるいは、高橋・浅尾・岩瀬が盤石であった時代は、同点で7回に入れば勝てていた。

 中日は、投手陣の立て直しが急務である。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

両チームがやってはならないことをし続けた試合の結末

コメント失礼します。

9/17の日経に田尾さんが「深刻な中日のファン離れ」という記事を載せていましたが、落合アレルギー丸出しの内容で辟易しました。私は落合推進派ではありませんが、かなり無理矢理なロジックに見えました。
中日球団の派閥争い的なモノは結構深刻なのかも知れませんね(哀)。

そして「11四死球の」ドラゴンズ投手陣ですが、最近はボール球を簡単に見切られて3ボールまで行ってしまうことが多いように感じます。投手の技術不足に加えて、「アバウトにストライクが取れる配球」を見いだせていない、捕手の技量にも問題があるのではないでしょうか?

両チームがやってはならないことをし続けた試合の結末

ファンの多くは、もう一度中日で監督をと思っているでしょうけど、球団内には反対意見もあるでしょうから難しそうですね。
古巣のロッテは、最もあり得るんじゃないかと思います。

両チームがやってはならないことをし続けた試合の結末

ブログの最後に触れられていた落合さんが監督業復帰に前向きとの情報が今朝出てましたね。

順当に行けば、監督交代が既に決定しているヤクルトか古巣ロッテ プラスαから声が掛かればというところでしょうが、中日という可能性は無し?

未だにアンチ落合らしきコメントが出て来る名古屋ではやりたくないか?
(落合さんの連れて来たコーチは全部首にせよなんてコメントを見たことありますが、昨日優勝したSBのヘッドコーチ達川さんは落合さんが中日へ連れて来たんですよね?今朝の朝日新聞でSBでの成果を評価するようなインタビュー記事が出てましたが)

どこでやるにせよ、過去以上に徹底的に強いチームが作れたら、色々な意味で刺激的でしょうね?

こんな記事も読みたい

マツダスタジアムの光と影❗️【やっぱりカープがナンバーワン❗️】

ソフトバンク優勝おめでとう!その裏で13失点の大敗【鴎ファンのぼやき部屋】

【閑話休題の宴】『カープにそろそろ優勝してもらわないと困る超個人的な話』【©カープ狂の宴】

来季のワクワク外国人くじはどうなるのかな?韓国とかありじゃない?【ViVaDra!!】

新人安打記録【春夏秋冬ドラ応援】

『ドラゴンズ』再建思案~新外国人はセットアッパーとクローザー。ドラ1は中村奨成で行くべき~【赤の血潮と、青の魂】

中日ナインにまず求める事【no title】

引退の季節【I like Dragons】

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:710
  • 累計のページビュー:2334628

(12月11日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss