プロ野球の魅力を語る

岩瀬の950試合登板は不滅の記録か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年8月6日、岩瀬仁紀投手が通算950登板を達成した。  米田哲也の949試合を40年ぶりに抜いて、プロ野球新記録である。

 メディアでは不滅の記録のように語られている。現役で2位の五十嵐亮太が8/18現在747試合であることを考えると、超えるのは困難であろう。しかし、五十嵐は、大リーグで83試合に登板していて、日米通算にすると830試合に達する。  日米通算でなら950試合が現実味を帯びている。

 950試合の記録は、いずれ到達する者が出てくるだろう。金田正一の400勝のように、不滅と言える記録ではない。

 なぜなら、リリーフ投手が現役生活をリリーフだけで過ごす考え方が主流になったのは、まさしく岩瀬が入団した頃だからである。  それ以前の時代であれば、岩瀬ほどの成績を中継ぎや抑えで残していれば、先発に転向させられた時期があっただろう。

 しかし、現在は、リリーフだけで現役を全うする選手も増えてきた。そうなると登板試合数は増える。最近は選手寿命が延びていることを考慮すると、岩瀬の登板数は、たとえ1000試合に達したとしても、今後抜かれる可能性は高い。  抜かれる可能性が低いのは、むしろセーブ数の方だろう。クローザーは、1チーム1人であり、過酷なポジションであるがゆえに、長年続けることは極めて困難である。

 そもそも、岩瀬は、高卒選手としてプロ入りしたわけではない。大学、社会人を経てプロ入りしている。25歳になるシーズンにプロ入りしており、プロ1年目から活躍したものの、高卒選手に比べれば6年間分遅れをとったことになる。

 それでありながら、プロ入りした1999年から2013年まで15年連続で50試合以上に登板するという鉄腕ぶりでプロ入り19年目にして950試合登板を達成したのである。

 仮に高卒投手が岩瀬の年齢まで現役を続けるとしたら年間38試合登板すれば、25年目で950試合に届く。  400勝であれば、年間16勝を25年間続けなければ到達できないから、到達はほぼ不可能なのだが、950試合なら実現可能に見える。

 無論、リリーフ投手は、選手寿命が短いと言われており、10年以上第1線で活躍できる選手は数えるほどである。それでも、投手の方が動体視力の衰えに左右されることが少ない分、長く現役生活を続けられる。

 これからは、まずます投手寿命が延びて、40代後半の投手も珍しくない時代が来るだろう。  そうなれば、岩瀬の通算登板も、いずれは超えていく選手が現れそうである。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

岩瀬の950試合登板は不滅の記録か

ドラゴンズて、変な球団だわ。
こんなロートルにこだわるんで、高橋投手には逃げられる、ドラファンは、肝心なこと気が付いてない。
山崎武さんの言ってた「ドラゴンズには、『超変革』がない」、わかってないね。

こんな記事も読みたい

【2017-106~109】悲しき安定の1勝3敗ペース【ツバメの舞い上がる夢日記】

石原のカウントダウン【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

これからの対策【羽ばたけより大空へ】

終戦ですか。【中京地区を応援】

やられ放題【ドラゴンズ 時々 グランパス】

徹底抗戦か!来年への布石か!【春夏秋冬ドラ応援】

降竜(こうりゅう)デーかい!!((怒)【竜の咆哮はきこえるか?】

周りが助けてくれるわけじゃないんだから自分で摑み取れ!【燃えドラ】

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:544
  • 累計のページビュー:2325664

(09月20日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss