プロ野球の魅力を語る

継投によるノーヒットノーラン達成に思う

このエントリーをはてなブックマークに追加

 巨人が6月14日のソフトバンク戦で山口俊、マシソン、カミネロの3人の継投によるノーヒットノーランを達成した。  継投によるノーヒットノーランは、セリーグでは初だという。

 投手の事情、チームの事情が生み出した。  記録を狙わせるか、チームの勝利を優先させるか。これは、エンターテイメントの興行という側面と、勝負事という競技の側面のどちらを優先させるかという永遠のテーマである。

 巨人は、チームの勝利を優先させたわけである。  1人でのノーヒットノーランを狙うには、あまりにもタイミングが悪かった。

 何せ、巨人は、5月25日から6月8日まで、まさかの13連敗を喫していた。  50%の確率で勝つことができる野球で、巨人はプロ野球史上最も勝つ確率が高い球団であるにもかかわらず、13回連続負けてしまった。単純に計算しても、0.01%という確率が今年出てしまったわけである。  13連敗後も6月13日まで連勝はなかった。6月13日に勝っただけに、6月14日は久しぶりの連勝を目指して、何としても勝ちたい試合であった。

 さらに、先発投手の山口俊が故障明けであったことも交代せざるをえなかった一因である。  山口は、今年、FAで加入したにも関わらず、右肩の違和感によって出遅れ、この日が巨人での1軍初登板となった。  しかも、4四球を出して6回までに102球を投じていた。

 おそらく、当初から100球を目途に交代と決めていたのだろう。  交代した2投手の投球数を加えると154球になるので、さすがに9回まで投げ切ることは困難という見方もできる。

 2007年日本シリーズ第5戦で中日が山井大介から岩瀬仁紀にリレーした完全試合と比べても、交代しやすい状況である。また、交代したとしても、批判を受けにくい状況であった。

 10年くらい前から、セットアッパー2人とクローザー1人の計3人で7回から9回の3イニングを任せるというスタイルが主流となり、阪神のJFKをはじめとして3人で勝利の方程式を作ろうとする球団が増えた。

 今後は、個人記録よりも、チームの勝利を優先させて、6回か7回まで無安打に抑えていたとしても、球数が100球を超えていたら交代というパターンが増えていくだろう。  私が子供の頃は、6回や7回まで0点に抑えていながら、交代するという場面を見たこともなかったのに、現在では日常茶飯事である。

 私個人としては、何球投げていたとしても、1安打打たれるまでは交代しないでほしいが、試合の状況、投手生命を考えれば、無理させて投げさせることに同意はできない。

 1人の投手でのノーヒットノーランが減り、複数投手でのノーヒットノーランが増えていくのが時代の流れなのかもしれない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:
山口俊

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

継投によるノーヒットノーラン達成に思う

まぁ、6回まででもノーヒットピッチングをしていないと、その後の記録を狙うチャンスは無い訳ですが、、、ぶっちゃけ、8回くらいまでは、結構居ます。
その意識する8回、そして9回が問題な訳で、結果的に継投でのノーノー達成となった事で注目されましたが、管理人が言うように、球数的にも無理だったんでしょうね。
それに、、、ね、DeNA時代から指摘されていた「メンタル」の問題も絡みますしねぇ。

あの試合での「英断」は、記録がチラつく7回まで投げさせなかった事ですね。
決して7回を投げさせる投手が盤石では無い中で、マシソン投手の回跨ぎありきの継投でしたから、本音では「7回まで」投げて欲しかったはずです。

ソフトバンクにしても名誉な記録ではありませんから、多分、次の回辺りから仕掛けてきたはずですし、そうなると「後50球」って計算もアテにはなりませんからねぇ。
でも、あの時点で80球程度だったら、行かせていたかも知れませんね。
連敗が途切れていたとは言え「明るい話題」は喉から手が出る程、欲していたでしょうから、、、。

こんな記事も読みたい

【西武】交流戦を終えて【獅子党のつぶやき】

交流戦終了。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

負けてる・・・【鴎ファンのぼやき部屋】

亀井義行と亀井善行【白紙の巨人】

「屈辱」からの逆襲【野球の夢の反対側】

【プロ野球観戦記】6月17日 対ロッテ2回戦・東京ドーム【no title】

亀井善行、三度目の正直【橙魂伝承】

[ジャイアンツ愛]6/17 巨 8-0 ロ → 連夜の8得点!計算できる投手に全て勝ちがついたのはデカい!【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:665
  • 累計のページビュー:2339122

(12月14日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss