プロ野球の魅力を語る

WBC決勝ラウンドの平日開催に改善を

このエントリーをはてなブックマークに追加

 WBCの日本代表が好調である。1次ラウンド、2次ラウンドとそれぞれ全勝で突破し、決勝ラウンドに進んだ。

 戦前の状態からこの結果を想定することは難しいほど、大会に入ってからの好調ぶり、特に打線の好調さが目につく。  一流プロ野球選手の調整能力の高さを見せつけられた気分である。

 とはいえ、1次ラウンドの11-6で勝ったキューバ戦、2次リーグの4-1で勝ったオーストラリア戦は、ともに安心できる試合ではなかった。  2次リーグの8-6で勝ったオランダ戦、8-5で勝ったキューバ戦も、手に汗握る接戦であった。

 準決勝以降は、負けたら終わりの一発勝負であるだけに、1つのプレーが勝敗を分けることになる。

 決勝ラウンドで、私が残念に思うのは日程が平日になっていることである。  日本代表が出場する準決勝2試合目は現地時間21日(火)18:00で日本時間の22日(水)10:00開始。決勝が現地時間22日(水)18:00で日本時間の23日(木)10:00開始。  いずれも平日の午前に試合が開始されるというサラリーマンにとっては観戦が困難な時間帯である。

 アメリカの2次ラウンド終盤が土日に来る設定となっているので、アメリカが高い確率で試合のある2次ラウンド終盤に照準を合わせたのだろうか。  アメリカの基準ではそうなるのかもしれないが、大会としては2次ラウンド、準決勝、決勝と進むにしたがって、価値は上昇していくべきものなので、やはり準決勝や決勝はリアルタイムで見たい。

 今後、改善の余地があるとすれば、準決勝を土曜日の別時間帯に行い、決勝を日曜日に開催することである。  どうしても時差があるので、完璧な調整は困難としても、可能な限り平日の勤務時間帯に準決勝と決勝があるというのは避けてほしいものである。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「WBC決勝ラウンドの平日開催に改善を」へのコメント

日曜日にしたら今度は、日本に戻って来るのが遅くなるやら、オフが短くなるとか言うんでしょ。

「WBC決勝ラウンドの平日開催に改善を」へのコメント

まあ、運営側としたらアメリカが入るかどうかわからない決勝トーナメントを週末とはしないのは当然でしょう
日程余裕もないしね
時間も含めて日本のための大会ではないからね

こんな記事も読みたい

菊池だけを映しているカメラがほしい【千葉からスポーツを語る】

平田良介の葛藤【千葉からスポーツを語る】

WBC各国選手紹介19 ホセ・バティスタ(ドミニカ)【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2329872

(11月24日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss