プロ野球の魅力を語る

落合GMを振り返る 4

このエントリーをはてなブックマークに追加

 誰が指揮を執っても優勝できるチームを作り上げることは難しい。  時おりそういうチームが出現する年もあるが、近年は豊富な資金力によって意図的に作り上げられたチームが多い。  たとえば、10ゲーム以上を離してリーグ優勝した2012年、2013年の巨人、2011年、2015年のソフトバンクなどはその傾向が強い。

 2016年の広島は、2位に17.5ゲームの大差をつけてリーグ優勝を果たすが、エース前田健太が抜けて圧倒的な強さを発揮するとは思えなかっただけに、その勢いには驚かざるを得ない。  野村、新井、鈴木、中崎らが想定以上の働きを見せ、黒田、ジョンソン、菊池、丸らが実力どおりの成績を残して、すべてがうまくかみ合った結果を言うことができるだろう。

 落合GMも、2年間で世代交代と若手選手の整備を行い、右肩下がりではなく、右肩上がりが期待できる若いチームに変貌させてきた。  中日も、ビシエド、大野、吉見、若松、平田、高橋、大島、福田ら、実力ある選手は揃っており、すべてがうまくかみ合えば、リーグ優勝とは言わないまでもAクラスに入れるだけの戦いはできるはず。  2016年のシーズン前は、どのチームも抜け出すには決め手にかけるという前評判であったため、采配次第ではAクラスに入れるのではないか、という淡い期待があった。

 4番にビシエドが座ることによって開幕直後は安定した戦いぶりを見せていた中日は、4月を3位で終える。  5月も同率ながら2位。しかし、ビシエドの調子が落ちた6月には4位、7月には5位、8月に最下位に落ちると再び浮上することはなかった。  不振に陥ったビシエドを誰も穴埋めできなかったことや高橋、大野、平田らが故障離脱したことも大きかったが、最も大きかったのは、勝てる先発投手と、守護神につなげる安定したセットアッパーが現れなかったことである。  又吉、福谷の不調によって崩れたリリーフ陣を補強すべく、シーズン途中にはセプティモを獲得したが、効果は発揮できなかった。そして、8月には衝撃の谷繁監督解任という人事があったが、崩れたチームを立て直すまでには至らなかった。

 それでも、チーム防御率は4位であり、最下位になるほど投手力が弱かったわけではない。5位だったチーム打率と長打率、出塁率といった打撃力の弱さとの兼ね合いで最下位になってしまったと言うべきだろう。

 中日の黄金時代は、突出した投手力とともにあった。中日が優勝争いに加わるためには、チーム防御率1位、2位を争うような投手力に整備をする必要がある。

 中日が2017年の監督に森繁和を据えたことは、中日が再び投手を中心とした守りの野球を取り戻す決意が感じられる。森は、言わずと知れた落合政権下で投手コーチとして鉄壁の投手陣を作り上げた人物であり、その手腕は右に出る者はいない。  また、ビシエド1人頼みの打線から脱却を図るため、大砲であるゲレーロを獲得。西武の強力打線を育ててきた土井正博を打撃コーチに招いて打線の強化も見込める。

 ドラフトでも柳を獲得し、前年に獲得した小笠原、佐藤という3人の将来のエース候補が揃い、チーム力が今後上がっていくことが想定できる。  また、三ツ間が支配下選手となり、セットアッパーとしての期待もかかる。

 落合GM自身は、2016年の成績が最下位であったこともあってか1月末をもって任期満了で退団となった。  しかし、2016年の2軍がソフトバンクと優勝争いをして2位になるなど、若いチーム力の底上げを行い、2017年の陣容を整えただけに、もう1年契約を延長してもらいたかったというのが本音である。

 この3年間で落合GMが獲得した選手たちが今後どのような成績を残すか。  落合GMを正しく評価するには、2017年、2018年の中日が残す結果を待たねばならない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:
落合博満

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

落合GMを振り返る 4

中日が昨季最下位に終わった要因は色々あるでしょうが、弱点を攻められて打てなくなったビシエド選手をいつまでも4番で起用し続けたため、打線が分断され、チャンスで得点出来なかったことが最大でしょう。

次いで、ビシエド選手が期待出来なければ、打力に頼らない嫌らしい野球をしなければならなかったのに、相手チームに愛される野球をやってしまったことではないでしょうか?

かつて、何を仕掛けて来るか分からないと嫌がられたチームが5年間ですっかり毒気を抜かれてしまい、その集大成というべきが昨季ではなかったでしょうか?

こんな記事も読みたい

エースへの期待【光散らし空へ】

庄司、ちゃんとアピールしてるのか?【ミーハーなカープファンのブログ】

プロ野球 FA(国内)移籍 歴代トップ5!野手が投手を圧倒!球団別では3球団が上位に!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

中日ドラゴンズ~開幕先発・ローテ争い~【ドラゴンズ☆魂】

さぁ始まりました2017年春季キャンプ! 誰に注目!どこを注目!【ドラゴンベースボール】

* ドラゴンズは変わるだろうね(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

2017 ドラゴンズ トップ10プロスペクト【どうしようもない インチキのブログ】

キャンプイン目前に思う 勝つ為ではなくファンの為に頑張ってもらいたい選手とは【ドラゴンベースボール】

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:238
  • 累計のページビュー:2231202

(03月23日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss