プロ野球の魅力を語る

落合GMを振り返る 3

このエントリーをはてなブックマークに追加

 5位に沈んだ2015年。  そのシーズンに対するGMとしての役割は、シーズン前には一段落している。シーズン前までに考えた布陣をどう生かすかは、現場の首脳陣の仕事であるからだ。  世間では落合GMは、現場の采配にも介入できるかのような印象を持っている節があるが、振り返ってみると、実際にはオーナーのアドバイザーとしての役割にほぼ限定されていた。  2015年中盤以降、落合が監督であったなら、と考えてしまうほど、現場が機能しなくなってしまったが、落合の現場復帰は噂のみで終息し、実現しなかった。

 しかし、落合GMは、中日が沈んでいくのをただ手をこまねいて見ていたわけで はない。  7月には四国アイランドリーグの香川オリーブガイナーズに所属する外国人投手ネイラーを獲得。ネイラーは、その年、防御率1.37という抜群の成績を残しており、投手陣の強化が必要な中日にはうってつけであった。  ネイラーは、8月に1軍デビューすると、その年、4勝を挙げる活躍を見せた。

 また、落合GMは、ネイラーと同時に大リーグ経験のある外国人左腕投手ペレスを獲得。リリーフ陣の強化が期待したが、大リーガー時代の投球を見せることができず、戦力とならなかった。

 しかし、外国人選手は、ハイリスクである。2人の選手のうち1人がそこそこ戦力になったということで、補強自体はまずまずであったと言うべきだろう。

 チームが弱体化すると、どうしても黄金時代と今を比較してしまう。15勝前後を稼ぐエース、30本塁打前後を稼ぐ四番、安定した正捕手、安心できる抑え。黄金時代にいた存在が誰も存在しなくなった中日は、2016年にAクラス入りするためには、かなりの底上げと世代交代、補強が必要なのは明白であった。

 2015年のオフは、多くのベテラン選手が退団することになった。チーム力を高めるためには、どうしても必要な世代交代を落合GMは断行したのである。  200勝投手の山本昌、そして、黄金時代を支えた谷繁元信、和田一浩、朝倉健太が引退。高橋聡文はFAで阪神に移籍した。  さらには小笠原道大も引退、ルナと山内壮馬も退団となった。

 そんな中、森ヘッドコーチは、ついに四番候補となる外国人大砲ビシエドの獲得に成功する。  さらに、投手陣強化のため、外国人投手のジョーダンとハイメを獲得する。

 また、ドラフトでも、将来のエース候補である小笠原慎之介と佐藤優を獲得。ドラフトの本指名での6人に加え、育成選手での指名も7人に及んだ。  ドラフトでは前年に引き続き、大学・社会人の即戦力候補が中心となり、高校生は小笠原のみとなった。  そして、金銭トレードでソフトバンクからかつてのドラフト1位投手大場翔太を獲得。DeNAを自由契約になったベテラン大砲多村仁志も獲得した。    退団したベテラン選手の穴を埋めて、さらに上積みできる選手が現れるか。  入団した多くの選手たちを首脳陣が的確に指導できるか。   大幅に入れ替わったメンバーを首脳陣が巧みに起用できるか。

 そういった不安はありながらも、順調に行けば、Aクラスは、狙えるだけの戦力を整えていったのである。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

落合GMを振り返る 3

コメント失礼します。

見てて思うのですが、本気で勝ちに行っていたのでしょうか?
特に2015年です。

育成目的で力の劣る若手を起用し、負け前提の、あり得ない相手にぶつけてました。
福田とか右腕を苦手としていたのに、平気で使ってましたし、他の若手もです。

最後、8月、最下位だけは嫌だと言う事で采配の質が変わりましたが(期待先行起用を止めました)、
育成、あわよくばで臨んでいたようにしか思えません。

2014年は、谷繁が優勝するつもりで采配をふるっていたように思えますが、谷繁の後継も決まらないまま、引退が決まっていたようですし、気の毒とは思います。

若手優先で起用していた前半戦。
内野ボロボロでしたもん。

こんな記事も読みたい

ジャイアンツ、新外国人のアルキメデス・カミネロがやって来た【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

中大OB阿部慎之助に期待す【1998の感動をもう一度】

17.1.27 心配なWBC組【巨人を見る】

WBC 最後の一枠とは【春夏秋冬ドラ応援】

ドラゴンズ応援歌番付【I like Dragons】

キャンプイン間近。【中京地区を応援】

彼らが出るならWBCもまた楽し。【春夏秋冬ドラ応援】

12月以降のドラゴンズ関連の諸々について(長めです)【中日ファンです】

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:46
  • 累計のページビュー:2329345

(11月11日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss