プロ野球の魅力を語る

清原和博のために、たけしが野球界に求めるもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

 12/29のテレビ番組『ニュースキャスター』では清原和博のインタビューが放映された。  巨人時代以降の番長清原ではなく、西武時代以前のキヨマーの姿が少し戻ってきていたのは印象的であったが、それ以上に注目すべきはビートたけしの発言である。

 これまでのニュース、ワイドショーは、薬物依存で逮捕された者に対して、容疑者の段階から徹底的に叩き、社会復帰するのさえ困難なまで社会的制裁を与えるのが常であった。それが法令遵守に則り、スポンサーの顔色だけを伺うキャスターたちのあり方だ。世論を悪い方へと煽る先導をする。テレビが人気を急激に失っているのはそういった旧態依然さも1つの要因であろう。

 しかし、今回のビートたけしの発言は、それを真っ向から否定してくれた。 「野球界で支えてコーチなり監督なりになっていけば絶対に輝く」 「野球界が受け止めてくれる許容の広さがほしい」 「永久追放みたいなこと言うからダメ」  脳の病気であるがゆえに、これまで多くの人々の期待を背負って夢を与えてきたスターを野球界で結束して支える気概が欲しいという旨を述べてくれたのである。  これこそ、私がテレビでずっと聞きたかった温もりのある発言であり、薬物依存症を客観的に判断した意見であった。さすがは、視野が広く、多方面で天才的な活躍を見せるたけしである。

 一般庶民は、日常生活をしていて覚せい剤に触れる機会はほぼないので、その依存症が別世界のように感じてしまうが、依存症は、覚せい剤だけの問題ではない。  酒に依存している者、タバコに依存している者、ギャンブルに依存している者、テレビに依存している者、スマホに依存している者、恋人や家族に依存している者……。  人は、多かれ少なかれ、何かの依存症を抱えて生きている。

 仮に依存する対象が法律で禁止され、懲役刑が課せられることになった場合、果たしてきっぱりとやめられるだろうか。  中には、法令遵守のため、きっぱりとやめる者もいるだろうが、大抵の者はやめることができないのではないか。

 覚せい剤への依存症は、他の依存よりもかなり強力で、自力ではなかなか抜け出せない病気であるという。  なのに、今の社会は、彼らの仕事や生きがいさえも奪おうとする。そして、あたかもそれが当然であるかのごとく肯定される。  たとえば、ASKAは、執行猶予がついて働かなければならない身なのに、CDやDVD等がすべて販売中止、さらにはどのスタジオもコンプライアンスの名目で使用できなくして、社会復帰すらできない状況にされた。  恐ろしいことに、社会全体が更生を阻む行為を平気な顔でやるのである。

 病人を前にした場合、必ずしも法律やコンプライアンスが正しいとは限らない。  アメリカは、収監よりも治療を最優先し、社会復帰して更生できるよう支援する。  日本プロ野球は、アメリカ大リーグのルールを模倣して適用することで発展してきて、現在も1、2年遅れて適用して追いつくというやり方をとっている。覚せい剤依存症に対する考え方も、遅れた日本の考え方を早く改め、アメリカのように、社会が更生を支援していける制度に整備していく必要がある。

 清原は、高校時代からプロ野球の現役時代まで四半世紀に渡って、日本中の期待を背負い、人々の生活に夢と希望と潤いを与えてきた。世間が与える過度な期待とプレッシャーが清原の人生を狂わせてしまったと言えなくはない。  だからこそ、私は、清原が野球界で再び輝ける場を作ってもらいたいと願う。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:
清原和博

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

薬物依存からの復帰の難しさ

覚せい剤に手を出す行為は、犯罪であり、罪を償うことが必要なのは、おそらく大多数の日本国民も同じ意見だと思います。
しかし、残念ですが、日本では薬物依存症(合法薬物であるアルコールも含みます)の治療・リハビリ・社会復帰までできる環境は少なく、おそらく清原氏も困難な道となるでしょう。
しかし、野球界には先例があります。名投手・江夏豊氏です。江夏氏は、野球界に復帰とは言えませんが、キャンプで臨時コーチを務めたり、野球解説者として活躍されています。ビートたけし氏のコメントのようにコーチや監督は難しいにしても、2000安打を達成し、500本以上のホームランを放った大選手であったのは事実ですから、薬物依存症の治療と戦いながらも、もう一度野球を勉強して野球の凄さ・面白さと薬物依存症からの復帰を通じた薬物の恐ろしさを伝えることが、清原氏のセカンドキャリアに繋がると確信しています。

清原和博のために、たけしが野球界に求めるもの

>madamlewis 様
ご返信ありがとうございます。
怒っているように捉える文章をかき、申し訳ないです。
別にそうとはまったく思っていなく、ちょっとスケープゴート的にさせてしまったのでむしろ心苦しいです。

貴方様の、大人な対応に感謝です。

「清原和博のために、たけしが野球界に求めるもの」へのコメント

名球会は清原を除名してないですし、球界から永久追放する必要はないと思いますが、数年たてばコーチや監督になれるほど、清原がしたことは甘くないと思います。

清原和博のために、たけしが野球界に求めるもの

〉aki1600

そんなに怒らんでください。
個人的には犯罪を犯した人にそんな手取り足取りの更生の道を用意する必要はないと思っていますし、
たけし氏も管理人もあなたも甘いとは思っています。
犯罪を犯した人が刑を全うしたのならわざわざ排斥する必要は無いというだけで
それで苦労するのはまあ自業自得でしょと思っています。
だからまあ論点的にはすり替えてますが
清原氏は野球界に多大な貢献をした

けどその彼は薬物に手を染めた

その彼が更生するかしないかは彼次第だし、それを社会のせいにされても…
ついでに犯罪を犯した人より犯してない人が評価される世の中になればいいよね
という考えで、これが自分の意見です。

こんな記事も読みたい

カープ 2017年のキーマンを占う【きたへふ おおの かわくち つた゛】

高橋周平よ!今年こそ覚醒せよ!【1998の感動をもう一度】

【西武】2017年開幕メンバー予想(願望)【獅子党のつぶやき】

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:1181
  • 累計のページビュー:2247190

(04月24日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss