プロ野球の魅力を語る

巨人の補強に思う

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年のオフの巨人の補強は、目を見張るものがある。DeNAのエース格である山口俊を獲得した他、ソフトバンクのセットアッパーとして実績を残した森福允彦を獲得。元楽天のマギーも獲得した。  さらに、日本ハムの名外野手である陽岱鋼の獲得も実現しそうな気配であり、大リーグのMAX164キロ投手カミネロの獲得も目指している。  巨人は、リーグ優勝を宿命づけられた球界の盟主だけに、3年連続でリーグ優勝を逃すことはどうしても避けたいのだろう。

 思い起こせば、2011年に中日がリーグ2連覇を達成した後の巨人の補強もすさまじかった。  ソフトバンクのエース杉内俊哉を獲得し、さらにソフトバンクのエース級でシーズン19勝を挙げていたホールトンを獲得。横浜の四番打者村田修一も獲得した。  さらには、マシソン、ボウカーを獲得して、シーズン途中にはエドガーの再獲得も行った。

 なりふり構わぬ補強が実り、巨人は、2012年に3年ぶりのリーグ優勝を果たすわけだが、このオフの巨人も、3年ぶりのリーグ優勝に向けてなりふり構わぬ補強が復活した。

 かつては、そんな巨人の補強に補強を重ねるやり方を苦々しく見ていたものだが、最近は、長い目で見るようになって、巨人の補強がプロ野球を面白くしていると感じるようになった。

 巨人が補強して圧倒的な戦力になってリーグ優勝する。  その後、巨人の補強した選手が衰えてきて、自前の戦力を育てたり、格安外国人選手を当てた球団がリーグ優勝する。  そして、巨人がまた新たな補強を行い、圧倒的な戦力でリーグ優勝する。  その後、巨人の補強した選手が衰えてきて……。

 セリーグのプロ野球は、この繰り返しなのである。  だから2015年、2016年のプロ野球は、面白かった。どこがリーグ優勝するか分からない実力伯仲の中で、この球団が飛び出すんだ、という驚きもあった。  2010年、2011年も、同じように面白い状況であったから、2012年から2014年まではちょっとつまらなかった。

 巨人がこれ以上補強すると、2017年から2、3年くらい、巨人の独断場になって、ペナントレースがつまらなくなってしまう可能性はあるが、その後はまた面白い野球が戻ってくる。  ただ、巨人が優勝するとしても、圧倒的なリーグ優勝は面白くないので、何とか僅差でリーグ優勝できる程度の補強に留めておいてほしいのが本音である。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

離日にあたり、今季のラミレス監督を振り返る【YOKOHAMA lover】

選手の年俸アップに思う【1998の感動をもう一度】

井納翔一の3年連続故障以外でのローテ外れ無し、これをファンはもっと評価して欲しい【温故知新ベイスターズ~2017】

ジャイアンツ、来シーズン結果を出したい2投手が台湾ウィンターリーグで奮闘【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

来期のオーダーはどうなるの?【一般的な野球ファンが夜な夜な思うこと】

* 今年、印象に残ったこと。その6。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

どんどん補強しろ巨人!【春夏秋冬ドラ応援】

読売巨人軍プロテクト予想!徹底考察【プロ野球妄想最前線】

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:1181
  • 累計のページビュー:2247190

(04月24日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss